1: 2014/12/22(月) 23:55:44.67
何でだろう?
複雑だからか?
凄く面白いのに…

引用元: ・南北朝時代が不人気の理由 [転載禁止]©2ch.net

2: 2014/12/24(水) 19:21:13.72
敵味方入り乱れた挙げ句にぐだぐだになるからでは?

3: 2014/12/27(土) 09:39:45.63
戦前の皇国史観が最も強調された時代のため戦後はタブー視され映画やテレビドラマが少ないのが理由

4: 2014/12/29(月) 13:00:14.09
皇国史観のせいにして、南北朝時代の研究に本腰で
取り組んで来なかった歴史学者の責任もあると思うよ。

実際、タブーなんて言い訳で、あってないようなもの。
皇国史観に利用されたのは記紀の時代も同じだけど、
戦後は王朝交替だの九州王朝だの言いたい放題だろ

5: 2015/01/01(木) 20:47:57.32
天皇が数百年ぶりに主権取り戻してるじゃんウオオオーーー!
とはならないのが不思議でならない

6: 2015/01/08(木) 04:24:57.39
建武中興って昔は呼んでたよ

7: 2015/04/02(木) 15:25:01.44
節操のない奴が勝つから夢がなくてつまらない

8: 2015/04/04(土) 17:39:15.59
太平記もウヤムヤに終わるし

10: 2015/04/05(日) 19:29:38.11
だからと言って尊氏も裏切王だしな
グダグタだぜ

11: 2015/04/06(月) 12:58:41.29
応仁の乱もそうだが室町はカオスすぎる。敵味方が入れ替わりすぎて感情移入しにくい。大義名分や正当性もお互いが主張してわかりずらい

12: 2015/04/06(月) 22:42:18.16
時代の主役ってのもいないからな。
尊氏の死後は誰が主人公って言われても…

13: 2015/04/07(火) 13:44:48.13
小規模の戦があちこちで乱発、しかもお互い勝ったり負けたり情勢がわかりにくい。時代の流れが読みにくくどこが転換点なのか不明

14: 2015/04/08(水) 08:14:20.54
各地の諸勢力にしても跡目相続でもめて勢力が分かれるとかだしな

15: 2015/04/08(水) 19:04:59.52
これほどカオスという言葉が相応しい時代があるだろうか

16: 2015/04/19(日) 22:22:24.74
いまの中東情勢に近いイメージ。

17: 2015/04/19(日) 23:41:32.52
南北朝時代 本当の天皇の血筋が途絶えたから

19: 2015/04/24(金) 13:20:54.37
なんか小物がウジャウジャいるがどれも今一つ。しかも節操がない。

21: 2015/05/29(金) 12:26:19.75
>>19
戦国だってほとんどが小物だよ。有名なだけで。
ようは取り上げ方の違いだ。

20: 2015/05/29(金) 01:43:05.76
楠木正成はぜひ大河ドラマで主演でやってほしい。

22: 2015/05/29(金) 20:01:30.89
暗すぎて大河にするには救いがない

太平記も終始混沌とした鬱屈した世界が続いた。何も生み出さず裏切りと反逆を繰り返す修羅道の世界

23: 2015/05/29(金) 21:22:05.98
信長や竜馬みたいに救いようのない奴が一番人気なのはどう説明するんだw

24: 2015/05/29(金) 21:52:24.53
信長は華があるだろ
龍馬には夢がある

だが尊氏には…

25: 2015/05/29(金) 23:15:28.51
信長の華も龍馬の夢も現代作家が創り上げたものだ。
義経と合わせて、こういう悲惨な結末におわった奴が好かれているだけ。
南北朝から探すとしたら北畠顕家だろう。
これを男前の女性俳優に演じてもらえば人気は出るかもな。

28: 2015/08/21(金) 15:26:13.09
太平記そのものが中途半端に終わったのが残念だ
あとは司馬みたいな小説家がとりあげないのも

31: 2015/08/23(日) 12:04:25.46
光り輝く英雄がいないのがな

32: 2015/08/23(日) 14:20:51.57
足利尊氏さんが光輝いておるやないか

38: 2015/09/25(金) 22:53:32.64
やっぱり現代作家による小説が少なすぎることが原因でしょ。
尊氏の代で戦乱が終結してないから、尊氏だけを主人公にするのは難しい。
尊氏が信長みたいな劇的な死を遂げていたらもっと人気もあっただろうけど、
病死して次の世代に~っていうの終わり方は話を作りにくい。
南朝側の悲劇の武将たちをとりあげたほうが話としては面白いんだろうけど、
救いのない話ばかりで気が滅入りそう。

39: 2015/09/26(土) 10:37:13.08
あと太平記が途中で終わってるのも大きくマイナス

40: 2015/09/26(土) 12:20:45.24
それが一番かもな
決着つけてよって感じ

41: 2015/09/26(土) 12:46:38.12
北方謙三、尊氏書いてないね。義貞も。わたしは、楠木正儀を書いて
欲しかったが売れないなだろうな。

42: 2015/09/26(土) 13:43:37.80
今まで文豪と呼ばれる人達は皆南北朝時代を避けて書いてたな
それは菊タブーもあるだろうし、何より戦後の過剰な戦前教育の否定も影響していると思う
その点、北方謙三はよくやってると思うよ
主人公が正成だったり、顕家だったり、懐良親王だったり、明らかに南朝派だとは分かるが

43: 2015/09/26(土) 14:08:40.67
吉川英治の私本太平記はなかったことにされているのか。

44: 2015/09/26(土) 17:48:30.12
あれはなかったことにしたい出来映えだからなw

45: 2015/09/26(土) 21:20:32.96
と言うか北方以外のメジャーな作家で南北朝を扱ったのって凡作を書いた吉川だけ?

46: 2015/09/26(土) 22:54:15.37
新田次郎の『新田義貞』は凡作ではないな

49: 2015/09/27(日) 06:26:33.63
司馬遼太郎が「自分には書けない」って言ったのもあるだろうな
司馬史観が形成されなかったのは結構だが、人気も出る事はなかった訳だ
新撰組人気とか司馬の小説の賜物だしなぁ

50: 2015/09/27(日) 12:05:30.14
司馬は戦国幕末以外ほとんど興味持たないからな。
義経と菜の花と坂の上が例外で。

足利将軍には無理解と無知を暴露してる。