1: 2015/02/16(月) 17:04:59.58 0
こういう強引な人はたいてい最後は失脚するもんですが
失脚しないままタタミの上で死んだのは正直凄いと思う。

引用元: ・フランコ総統(フランシスコ・フランコ) [転載禁止]©2ch.net

2: 2015/02/16(月) 17:05:37.00 0
フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(Francisco Franco y Bahamonde、1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、スペインの軍人、政治家、独裁者(総統)。ガリシア出身。

8: 2015/02/17(火) 11:34:07.02 0
嫁さんに手をつけたのは嫁12歳時だったというのは本当か?

政治もプライベートも勝組過ぎるだろ許せん!

9: 2015/02/17(火) 11:54:18.33 0
>>8

それは都市伝説ではなかったか?

13: 2015/02/18(水) 12:44:45.60 0
サラザールは晩年に失脚したし、スターリンは暗殺説が有力視されてるし、
フランコ以外で畳の上で死ねた独裁者は北朝鮮のイルソン&ジョンイル親子くらい?

19: 2015/02/18(水) 17:37:38.21 0
>>13

> サラザールは晩年に失脚したし、

失脚というより、身体がダメになったからね。
カストロと似たパターン。

16: 2015/02/18(水) 14:03:05.25 0
毛沢東は一応は畳の上で死ねたし、
遺体は冷凍保存されて、天安門広場に肖像画が掲げられて
いるけど、
後継者はほとんど毛沢東の政策を否定したからな

17: 2015/02/18(水) 14:13:13.95 0
毛沢東は100年後に道教の神様になれると予想

18: 2015/02/18(水) 14:18:18.41 0
毛沢東ってもう人気ないから無理でしょ

20: 2015/02/18(水) 17:39:14.90 0
ウガンダのアミンと
中央アフリカのボカサも
失脚はしたが畳の上で死ねた。

22: 2015/02/18(水) 17:54:58.38 0
王制は別に否定する気なかったんじゃないの

23: 2015/02/18(水) 18:24:39.27 0
>>22

まあそうなんだが。

24: 2015/02/18(水) 18:33:19.53 0
蒋介石は中華民国総統とみれば落人だけど、台湾としてみたら天寿を
まっとうした独裁者といえるだろう。息子を後継にできたし。息子は大陸反抗
なんて興味なしで体制を変えちゃったけど。

フランコ執政は仮で最終的に復古は前提じゃなかったか?
正式にそう宣言されたのはいつだったか。

25: 2015/02/18(水) 18:39:17.98 0
>>24

> フランコ執政は仮で最終的に復古は前提じゃなかったか?


そうだよ。
家康みたいに王様を政治的に無力化することはできなかったというかしなかった。

26: 2015/02/19(木) 07:58:48.82 0
本来なら、あのあたりの国は情熱的で陽気なスタイルなのに、
あの時代に限って、スペインもポルトガルも陰気で地道な独裁者が
でたのだよな
逆にドイツはヒトラーの演技過剰の劇場国家になってしまったのだがww
で、本来なら陰湿なグルジア人のスターリンでさえ、何かというと
ドイツを真似して、過剰な演出をしようと心がけたのに、
フランコもサラザールもそういったのは好みじゃなかったのかネェ

27: 2015/02/20(金) 17:54:45.28 O
>>26
演説下手って時点でお察しくださいませ

29: 2015/02/20(金) 21:05:35.38 0
>>26
フランコ政権については、支持基盤の実態が反人民戦線の諸勢力の寄せ集めだったから、
仮にナチスがやったような映画的な党大会のようなことをしても皆しらけるだけだっただろう。
付け加えて言えば、フランコ自身もファランヘ党の過大な権威拡大には警戒的だった。

28: 2015/02/20(金) 18:24:51.72 0
軍人官僚と神父崩れの博士以上の素養に乏しい、インパクトに欠けるキャラ。

31: 2015/02/22(日) 11:23:18.46 0
スペイン人(マドリー出身者)に聞いたら
(ひとりだけだが)
現代ではフランコはそれなりに評価されてるんだな

32: 2015/02/22(日) 11:36:49.69 0
規模もレベルも段違いだが、日本で近い位置の人といえば、
岸信介だろうな。
彼を評価する人は評価するが、否定する人はっ徹底して否定する。
人格すら認めないレベル。フランコもそんな感じじゃね?

共和派におよびその流れを汲む社会労働党の支持者とかね。
彼らは、フランコによって復興した王室すら否定的らしいね。

34: 2015/02/22(日) 17:41:04.96 0
>>32

フランコは戦争に巻き込まれないように苦心したからな。

33: 2015/02/22(日) 12:58:08.94 0
フランコはカタルーニャでは反感強いよね
他の地域は人による感じ

35: 2015/02/22(日) 19:06:35.13 0
個人的に好きな政治家(時には否定されるので余計にw)なんだが、
フランコは、大戦末期になると連合国の歓心を得るために連合国大使の前で
日本政府及び日本人を人種的偏見を加えてケチョンケチョンに貶していたという史実。

そりゃスペインと自己の安泰を目指すなら当然のことだが、言われた方
は嬉しくない。まぁ、でも許そうw

37: 2015/02/22(日) 21:43:51.37 O
ヒトラーからの参戦要請を、スペイン内戦の荒廃から復興出来ていないとか、
ジブラルタルをイギリスに抑えられてるとか言って断ったのがフランコ体制存続に繋がった
ムッソリーニ体制も、ドイツ側で参戦しなければ存続出来たかも知れない

38: 2015/02/22(日) 21:58:38.14 0
かも知れないじゃなくて確実。第一次で分け前から
ハブられたのがトラウマで今度こそは勝ち馬に乗って大活躍しようと気張ったの
が運のつき。

何もしないことこそ勝ち組への道だったのに、同じくドイツを過大評価した日本
ともども敗戦組に転落。

40: 2015/07/27(月) 19:21:00.17 0
地味で暗愚っぽく陰湿な感じなほうが
政治家としては成功するな
政治的にも生命的にも長期長命

42: 2015/08/14(金) 05:35:46.17 0
>>40

同意する

45: 2015/08/24(月) 22:06:33.33 O
>>40
>地味で暗愚っぽく陰湿な感じなほうが政治家としては成功するな

それを一番実践したのがフアン=カルロス王だと思う。
フランコ時代にはいかにもファシズム継承するような顔してフランコの「教育」に洗脳されたふりしてたんだよね。
即位後はああだ。国王親政を訴えてクーデター起こした軍部を冷厳に見捨てるという昭和天皇ばりの剛毅さの持ち主だなんて誰も思ってなかった。
世間知らずの若造を装って海千山千のカウディーリョを手玉にとるあたり、底光りするような凄みを感じる。

46: 2015/08/25(火) 15:15:27.74 0
>>45

貴人に情なし

48: 2015/08/25(火) 15:37:01.38 O
>>46
確かに王が命じてフランコ像を撤去させたんだよな。ファシズムからの訣別をアピールするためには絶対必要だろうが、もし心底フランコという人間を否定してやってるんなら、何やら寒々としたものを感じないでもないね。

47: 2015/08/25(火) 15:16:09.78 0
> >>40

地味で陰湿はいいが、暗愚っぽいってのはどうなんだろうね?

48: 2015/08/25(火) 15:37:01.38 O
>>47
20世紀もあと少しという時期にファシズムを継続しようという考えは明らかに暗愚だろう。フランコ存命中の王子はさもそうするかのように振る舞っていたわけで。

41: 2015/07/27(月) 19:25:15.59 0
欲を出さんって大事だな
特に対外的には
これは別に普通の家庭にも言える
目立たず騒がず家庭内で抑圧体制を敷く
他の家庭には噛み付かず良い顔でいる
周囲の機嫌をとり続ける
お金を出す
物資を出す
場所を貸す
笑顔作って起こらず騒がず
そのストレスは家族で晴らす

うーむ実に暗愚
でもこれが生き抜き方でも有る

戦場になるよりええで、ええわ、実に

43: 2015/08/24(月) 21:14:52.80 0
カトリックは外交的には行きすぎることないね

50: 2015/12/20(日) 15:53:28.20 0
あの世のフランコ総統はレアル・マドリーの駄目っぷりに激怒してそうだな。