1: 02/12/28 20:04
知ってることあったら教えて下さいませ(^0^

引用元: ・怪僧ラスプーチンについて

4: 02/12/28 20:41
プーチン大統領のご先祖様

5: 02/12/28 20:50
>>4
どうつながってるのか分かる系図、どっかにない?

6: 02/12/28 20:52
ラスプーチン【Valentin G. Rasputin】
ソ連の作家。シベリアの農村を舞台に、伝統的な農村文化の崩壊を描く。
作「マリヤのための金」「生きよ、そして記憶せよ」など。(1937~)

7: 02/12/28 21:00
プーチン大統領の祖父ラスプーチンは離婚を機に修道院に入ったが、そのままでは「怪僧ラスプーチン」と
被ってしまうため姓の一部を省略してプーチンと名乗ったらしい。
で僧プーチンの離婚した妻の再婚相手はユダヤ系であったが、ユダヤ系の姓では
不都合が多いため、プーチン大統領の父は実父の姓を名乗ったと。

9: 02/12/29 15:24
なぜ僧というのか? ギリシア正教なのか。それとも新興宗教なのか。
あるいはロシア土着の宗教なのか。
なぜ僧という?

14: 02/12/29 19:29
ラスプーチンの写真があるが,写真でも目にすごい力がある。
本物はもっとオーラを発していただろう。
暗殺されたときは、ピストルを何発もくらっても死なないスゴイ生命力を
示したという。
ちなみに、「もし私を殺したものが平民であったらそのままだが、貴族であれば
ロマノフ王家は滅亡し,貴族は全滅するだろう」と予言したという。
そのとおりロシアは共産革命で地獄と化した。全貴族は処刑され,子孫も強制収容所
で処刑され,全滅した。

15: 02/12/29 20:49
確かピストル30発ぐらい食らったんだよな。
んでその後二人の頭蓋骨砕いた。
そんで別の奴が頭に斧を食らわせたけど生きてて結局水死だったんだよな

16: 02/12/29 23:19
毒を盛られても死ななかったとか。
でも、グサグサにやられてまだ生きてる姿って相当キモい気がします・・・。
絶対見たくない光景でしょうね。
病弱な皇太子様アレクセイの病気を治したりしてたんですよね。ニコライ2世も、
おきにいりだったんじゃないですか。しだいに宮廷で権力を持つようになって
くるんですが・・・。全然詳しくないので放棄。

17: 02/12/30 01:37
なんだか、こわくなってきたラスプーチン(アセ
ただいま、全国産業復興法、農業調整法あたりを勉強中でーす!

18: 02/12/30 02:09
ラスプーチン
ロシアの皇太子の病気を治したことがきっかけで、皇帝一家に信頼され権勢を振るった。
しかし、結局反対派に暗殺される。

その暗殺の状況が、
まず、食事に毒入れたが、いっこうに効果が現れず、業を煮やした暗殺者が、
ピストルで撃ったが何度撃っても、動くのをやめない。
結局、斧で頭を砕いてやっと殺すことができた。
その後遺体に重石をつけて、川に投げ捨てたが、翌朝遺体を引き上げ確認してみると、
大量の水を飲んでおり、死因は明らかに水死だった。
つまり、川に投げ捨てられた後、一度蘇生した事となる。

とのことです。
もっとも、このラスプーチンの最後はほとんど与太話なんだそうですが。

19: 02/12/30 02:14
歴史的には怪人物とされるラスプーチン(アレで死なないなら
あたりまえ)。彼の教団が極端に快楽を重視する教義(つまりああ
いう意味)でもあったらしい。でも魔術史関連の本でラスプーチン
は善意の人だった、って記事も読んだことあるよ?

20: 02/12/30 02:33
ラスプーチンキャラで活躍したワイルド・アンガスってレスラー知ってる?

21: 02/12/30 03:31
皇太子の病気(確か白血病だったか)を祈祷で治したって話の真相はどうなんだろう。

23: 02/12/30 04:07
>>21
皇太子の病気は確か血友病だったかと。
どちらにせよ治るわけないわけだから、
何をもって「治った」としたのかは気になるよね。

28: 02/12/31 00:00
>>23
皇太子の病状が悪化していよいよやばい、みたいな時に祈祷したら
容態が安定して持ち直した、みたいな話だったような。
だからこの記憶が正しければ治ったというわけではないはず。
相当怪しい記憶だが(w

30: 02/12/31 00:10
>>28
結局、皇后がラスプーチンの巨根とテクにメロメロになっちゃっただけだよ。

22: 02/12/30 03:54
でもプーチンとラスプーチンって顔似てないよね
事実だったらそれはそれで面白いけど

怪僧とKGB出身大統領の血筋・・・

42: 02/12/31 21:57
そういえば子孫のプーチンも変な色気あるな

43: 03/01/01 07:42
プーチン大統領はあのラスプーチンの子孫じゃないでしょ。
彼の先祖にラスプーチンという名の人がいたのは事実かも知れないが。

45: 03/01/01 12:15
そう言えば、ラスプーチンの外交方針は
徹底的なハト派だったそうな。
ロシア帝国の弱体性を見抜いていたのは、
当時のロシアの政治家では
彼の他にはレーニンくらいだろ?

46: 03/01/01 12:33
ニコライの皇女とルーマニア皇太子との縁組が破談になったのも、ラスとの関係を疑われたものと思われ