1: 2018/10/03(水) 00:59:59.64 0
ハプスブルク家(ドイツ語: Haus Habsburg)は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系(アルザス系)の貴族。
古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。
中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国、スペイン王国、ナポリ王国、トスカーナ大公国、ボヘミア王国、ハンガリー王国、オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公・国王・皇帝の家系となった。
また、後半は形骸化していたとはいえ、ほぼドイツ全域を統べる神聖ローマ帝国の皇帝位を中世以来保持し、その解体後もオーストリアがドイツ連邦議長を独占したため、ビスマルクによる統一ドイツ帝国から排除されるまで、形式的には全ドイツ人の君主であった。
ヨーロッパ随一の名門王家と言われている。

引用元: ・ハプスブルク家を語る

11: 2018/10/03(水) 01:20:01.09 0
ツィタ「カールは退位はしていない!」

14: 2018/10/03(水) 07:00:01.31 0
マリー・アントワネットの実家

15: 2018/10/03(水) 07:10:13.00 0
ハプスブルク家がスイスを諦めたのはオーストリア公アルブレヒト2世のとき?

18: 2018/10/03(水) 11:30:00.31 0
>>15
ハプスブルク家がスイスへの請求権を放棄したのは1474年かな。
盟約者団(スイス)とフリードリヒ3世及び従弟ジークムントが永久講和を締結したときのこと。らしい…

16: 2018/10/03(水) 07:15:02.64 0
スイスってなんでハプスブルク家から独立しちゃったのかな?

17: 2018/10/03(水) 07:20:26.43 0
アルブレヒト2世の父アルブレヒト1世の恐怖政治に抵抗した結果。

19: 2018/10/03(水) 11:35:04.07 0
ハービヒツブルク城(鷹の城)

20: 2018/10/03(水) 12:00:02.24 0
ハプスブルク家最古の祖先は?

26: 2018/10/03(水) 16:20:00.50 0
>>20
ハプスブルク家としてはグントラム金満公
エティヒョー家としてはアルザス公エティヒョーが最古の人物

21: 2018/10/03(水) 15:40:07.68 0
グントラム金満公

22: 2018/10/03(水) 15:45:45.21 0
アルザス公アダルリック

23: 2018/10/03(水) 16:09:59.96 0
アルザス公エティヒョー

24: 2018/10/03(水) 16:10:30.85 0
アマルガル

25: 2018/10/03(水) 16:13:45.05 0
ハプスブルク家の前身とも言われているクライン大公国のアンデックス・メラン家について教えてください

28: 2018/10/03(水) 16:25:44.79 0
>>25
ハプスブルク家の前身はエティヒョー家だと思う。

29: 2018/10/03(水) 17:25:38.71 0
マリア・テレジアはフリードリヒ大王と結婚すればよかった
ドイツ統一が加速しただろうし、オーストリアがドイツから締め出されることもなかった
ハプスブルク帝国が崩壊することもなかっただろう

31: 2018/10/03(水) 18:35:59.42 0
>>29
それあなたの感想ですよね?

32: 2018/10/03(水) 18:40:35.98 0
>>31
んまぁ、もちろんそうですけど。そういう事例はありますよね。

35: 2018/10/03(水) 19:30:00.52 0
>>31
なんか久しぶりに見たw

33: 2018/10/03(水) 18:59:18.73 0
>>29
ドイツ統一に関しては、ハプスブルクだけらどうこうではなく、ハプスブルク君主国が抱える広大な非ドイツ人地域
が問題なのだよ
だから、仮にオーストリア-プロイセンが成立したとすれば、逆にドイツ統一が困難になった可能性すらある

オーストリア-プロイセンの外にある帝国へのフランスの影響力が大きくなっただろうしな
(ドイツ内にオーストリアまたはブランデンブルクに対抗できる勢力がない以上、頼るはフランスってことになる)

34: 2018/10/03(水) 19:05:13.32 0
そもそもフリードリヒ2世とマリア・テレジアが結婚したとして子供生まれるのか?

45: 2018/10/04(木) 02:24:03.88 0
>>34
フリードリヒ大王はどうも女性には興味がなかったっぽい
一応結婚してはいたが義務的なものに過ぎなかった
王妃には興味を示さず夜の営みもなかった

36: 2018/10/03(水) 21:10:02.31 0
ハプスブルク家といえばシェーンブルン宮殿

37: 2018/10/03(水) 21:38:47.35 0
自国で冷遇されてたウジェーヌ・ド・サヴォワの才能を見出した

38: 2018/10/03(水) 22:00:31.65 0
プリンツ・オイゲンはルイ14世の庶子という俗説があるな
それはともかく、レオポルト1世は帝国の中興の祖といえる有能なのに知名度がない

39: 2018/10/03(水) 22:30:55.30 0
オイゲンの母親はルイ14世の愛人だったからあながち根拠のない俗説と断定することもできない気がする。
ナポレオン3世はDNA型鑑定でボナパルト家とは血縁関係がないことが判明してしまったけど。

40: 2018/10/03(水) 23:49:50.20 0
マクシミリアンの霊廟に行ってみたいわ
飾られてある像の元ネタ殆ど知らないけど

42: 2018/10/04(木) 00:36:54.01 0
スペインのハプスブルク家についても

カルロス1世(=神聖ローマ帝国皇帝カール5世)はフランス語を話すフランドル人
みたいな感じだったんかね?

43: 2018/10/04(木) 01:31:03.71 0
>>42
カールは、死ぬまでフランドルにアイデンティティあったみたいなこと何かに書いてあったな

44: 2018/10/04(木) 01:45:13.89 0
ハプスブルクというとどうしても18Cに入ってからのオーストリアの
イメージが強すぎたんで16~17Cのスペインに君臨したのがハプスブルク
だといわれてもあまりピンと来なかった。

46: 2018/10/04(木) 03:48:33.40 0
ホモだったのか

47: 2018/10/04(木) 06:27:16.83 0
男友達と国外へ駆け落ちしようとしたくらいだからな

48: 2018/10/04(木) 06:55:30.22 0
>>47
カッテ?

49: 2018/10/04(木) 07:10:09.31 0
カッテとレギーナ大公妃は遠~い親戚

50: 2018/10/04(木) 09:55:03.02 0
>>49
そうなの?