1: 2019/01/22(火) 16:07:58.93 0
起源~大公国/公国時代~モンゴル~リトアニア・ポーランド~ロシア帝国~ソ連~ウクライナまで

引用元: ・都市キエフの歴史

3: 2019/01/25(金) 07:24:06.23 0
キエフ大公国の首都はモンゴル軍に破壊された結果
わずか200世帯が細々と暮らすがれきの山と化した
恐ろしい事です
想像してごらんなさい
日本の首都京都がそんな目に遭わされた光景を

4: 2019/01/25(金) 09:21:40.29 0
消え府

5: 2019/01/25(金) 23:58:19.44 0
キエフ > モスクワだった時代があるって
ほんと?

6: 2019/01/26(土) 00:15:38.76 0
リュ―リクゆかりのノヴゴロドの方が由緒正しい
キエフは南にあるだけの半ば突厥みたいな自主性のないゴミ

9: 2019/01/27(日) 10:00:07.01 0
>>6
ノヴゴロドの住民を虐殺したのはモンゴルのハーンではなくロシアの皇帝だった
別に由緒正しいとかそういう認識はゼロだったのだろう

11: 2019/01/27(日) 14:54:12.48 0
>>9
モスクワなんて新興勢力もいいところでキエフだろうとノヴゴロドだろうと古都のことなんぞ糞くらえだろう

7: 2019/01/26(土) 08:09:25.15 0
>ノヴゴロド
蛮族モンゴルすら見向きもしない田舎町

8: 2019/01/26(土) 11:39:28.31 0
>>7
バルト海への出口で交易で栄えていたけど
攻めるモンゴルにとっては北に遠すぎた上に
沼地と森林で馬養うのに適さなかった

10: 2019/01/27(日) 13:56:07.17 0
Самватас

12: 2019/01/28(月) 21:02:31.15 0
キエフ(キーイ)という名前はイラン系の名らしいな

13: 2019/01/29(火) 07:09:51.17 0
イラン人が建てたの?

14: 2019/01/29(火) 08:36:54.83 0
>>13
スキタイだな

20: 2019/02/02(土) 20:23:00.85 0
>>13
6世紀に東ローマにスラブ人と看做された3つの集団ヴェンド、スクラヴェン、アントのうち
ウクライナのアントは農民化したサルマタイでイラン系農民だったようだ
スクラヴェンとアントはそれぞれバルカンに移住しようとして争ったけど
スクラヴェンはアヴァール族を用心棒にしてアントを撃破してバルカンに移住した
やがてウクライナにも移住してきたスクラヴェンによりアントはスラブ化していったけど
キエフ大公国が建国した頃にはウクライナの住民はまだ完全にスラブ化していなかった

15: 2019/01/29(火) 16:21:29.84 0
ハザールの砦が起源説は聞いたことあるけどスキタイは聞いたことないぞ

16: 2019/02/02(土) 07:17:41.63 0
>>15
ハザールの起源をスキタイに求める説がある

17: 2019/02/02(土) 18:55:23.71 0
ウクライナって別にそんな歴史無いの?
歴史あるならロシア化させずに守らないと!って感じだが歴史無いならそうでもないし

19: 2019/02/02(土) 19:00:36.63 0
>>17
キエフ大公国は、ロシアにとってもウクライナにとっても自国の歴史

まあ、ヨーロッパの中世史はたいてい、現代の国境と関係なく2国にまたがってるが

18: 2019/02/02(土) 18:59:54.46 0
まぁとは言え日本の地域言語も保護すべきという立場だから言語の保護はした方がいいのか
ただウクライナ語の成立も18世紀からと新しいからウクライナ語は意識が低いんだな

21: 2019/02/02(土) 21:47:49.31 0
キエフ大公国の歴史に残る偉人といえば、なんといっても、聖ウラジーミル1世

暴君だったにもかかわらず、ルーシをギリシャ正教会へと改宗させたため、列聖されている

22: 2019/02/02(土) 21:50:27.10 0
最近も、モスクワに巨大なウラジーミル大公の銅像が建てられて、物議をかもした

ウクライナ人にとっては、聖ウラジーミル1世は自国の民族英雄

「このままでは、ウラジーミル大公をロシアに奪われる」という意見も飛び出した

まあ、「高句麗は満州ではなく、朝鮮の歴史ニダ」と、朝鮮人が騒ぐようなものかもしれないが

38: 2019/02/04(月) 13:10:31.80 0
>>22
ウラジーミル1世のような超絶暴力性豪のいったいどこが聖人なのか
日本人にはさっぱりわからない。
今時あんなものを英雄視するのはいったいどういう神経なんだ。

23: 2019/02/02(土) 22:12:04.69 0
キエフと言えば映画「レッドブル」の中のやりとりで出てきたキエフ風カツレツ(おいっ)

24: 2019/02/03(日) 00:54:41.37 0
キエフ大公国、ノブゴロド公国、モスクワ大公国

これが、中世ロシアの三大勢力

29: 2019/02/03(日) 03:29:22.90 0
>>24
ノブゴロド公国、キエフ大公国、ウラジーミル・スーズダリ大公国

これが、中世ロシアの三大勢力

30: 2019/02/03(日) 07:09:09.23 0
>>29
やや強引だが、ウラジーミルとスーズダリは、広域モスクワ圏とする

33: 2019/02/03(日) 23:27:51.50 0
>>24
ノヴゴロドは中世を通して安定してるけど
キエフ大公国はウラジーミル・スーズダリ大公国が興隆すると入れ替わるように
凋落してるしそのウラジーミル・スーズダリ大公国もモンゴルの蹂躙でキエフ公国ともに
ほぼ荒廃、その更地から勃興したのがモスクワやトヴェリで
あんまり同時性がないような。あと南西にはハールィチ=ヴォルィーニ国みたいな
勢力もあったし。

というかこの当たりの歴史ってどういう時代区分をしているのだろうか
リューリクの862年を端緒だとするといきなり中世スタートで不思議な感じ

35: 2019/02/04(月) 09:22:57.54 0
>>33
>リューリクの862年を端緒だとするといきなり中世スタートで不思議な感じ

それは仕方ない。
それ以前のことなど、ほとんど分からないのだから。
そもそも、リューリク自身がほぼ伝説上の人物で、実在は定かでないし。

25: 2019/02/03(日) 00:56:55.93 0
キエフ大公国は今でいうウクライナであり、モスクワ大公国は今でいうロシア

ノブゴロドは雷帝イワン4世に破壊されて衰退したが、今はその代わりに、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクがある

ノブゴロドは、サンクトペテルブルクの郊外というほど近くはないが、同じ地方にある

26: 2019/02/03(日) 01:03:53.87 0
ロシアはものすごく広い国だが、意外なほどモスクワに一極集中している

サンクトペテルブルクの人口はモスクワの半分以下というか、3分の1程度

日本の「東 京一極集中」など、それに比べればマシというものだ

27: 2019/02/03(日) 01:08:33.12 0
その割に日本海に面するヴラヂヴァストークにも白人がビッシリ住んでないか?
あれも領土確保の為に北方領土と同じく住めばいい給料貰えるシステム?

28: 2019/02/03(日) 01:49:40.46 0
キエフはスキタイが建設した都市で、
ノヴゴロドはバイキングが建設した都市か

31: 2019/02/03(日) 14:49:18.14 0
キエフ ノヴゴロド=プスコフ  リャザン=ムーロム チェルニゴフ ペレヤスラヴリ  スモレンスク
ウラジーミル=ロストフ=スーズダリ ハールィチ=ヴォルィーニ 
モスクワ トヴェリ    

47: 2019/02/05(火) 12:35:28.25 0
>>31
たくさんあるけど、全部リューリクを始祖とするリューリク朝

32: 2019/02/03(日) 19:16:29.21 0
ウクライナ人民共和国
ウクライナ国
西ウクライナ人民共和国
亡命ウクライナ人民共和国

34: 2019/02/04(月) 03:42:17.83 0
雷帝によるノヴゴロド滅亡
雷帝の死後リューリク朝滅亡で
名実ともに中世が終わる

36: 2019/02/04(月) 09:25:36.46 0
リューリクの到来とともに中世がはじまり、イワン雷帝とともに中世が終わる

モンゴル侵攻という史上最大の事件を境に、中世を前期と後期に分ける

37: 2019/02/04(月) 12:58:28.15 0
882-1362年 キエフ・ルーシ→ジョチ・ウルス下に
1362-1649年 リトアニア(=ポーランド(青水の戦い)
1649-1667年 ヘーチマン国家(フメリニツキーの乱)
1667-1917年 ロシア(アンドルソヴォ条約)

こうしてみるとキエフって
ポーランド=リトアニア下だった時期結構長いんだよな。イルピン川の戦い(1324年)の段階でジョチ・ウルスの
影響下ではあったもののリトアニアに帰順を誓っていたし。

39: 2019/02/04(月) 14:00:39.74 0
北方領土を盗んだ反日ロシアを応援する売国奴は死ね!

40: 2019/02/04(月) 18:28:10.68 0
10世紀に「ルーシの洗礼」を行ったウラジーミル大公の銅像の除幕式が11月4日に行われる。建立場所はモスクワ・クレムリンの脇。高さ16メートルの銅像の設置をめぐり、地元住民や市民活動家の間では論争が巻き起こった。
 ウラジーミル大公(洗礼者ウラジーミル、聖ウラジーミルなどとも呼ばれる)像の設置計画には、当初から反対意見があった。

反対派の意見
 銅像の設置に反対している人々は、ウラジーミル大公はモスクワに関係ないと主張している。
明らかになっている最初のモスクワについての記述は、ウラジーミル大公が死去してから約100年後の1147年のものである
(ウラジーミル大公の生存期間は960年頃~1015年7月15日)。
ルーシの洗礼は、当時の国の政治の中心地キエフ(現ウクライナの首都)で行われた。

 反対派はまた、ウラジーミル・プーチン大統領をイメージさせる、「ウラジーミル像」の政治的側面を強調している。
著名なジャーナリスト、オレグ・カシン氏は、像をプーチン大統領による自分と同じ名前の影響力のある人物に対する賛辞と指摘している。
また、シチェルバコフ氏の当初の案では高さが24メートルになっており、キエフにある高さ20メートルのウラジーミル大公像を超えていた。
ロシアとウクライナの関係が悪化している中、銅像設置を政治的なジェスチャーと受け止める人もいる。

41: 2019/02/04(月) 18:31:14.25 0
キエフには、巨大なウラジーミル大公像がある。高さ20メートルというから、七階建てのマンションくらいの高さか。

ロシア人は、なんと、ウクライナに対抗意識を燃やして、モスクワにそれより高いウラジーミル大公像を建てようとした。

42: 2019/02/04(月) 18:56:16.18 0
参考までに、お台場ガンダム像は高さ20メートル、神戸の鉄人28号が高さ15メートル強(直立すれば18メートル)なので、
モスクワとキエフのウラジーミル大公像は、ちょうどそれらと同じくらいの高さということになる

43: 2019/02/04(月) 22:27:00.44 0
日本で例えるなら、京都を含む地域が外国に占領され、その軍が撤退したあとも別の国になったみたいな話だな

44: 2019/02/05(火) 01:11:22.15 0
モンゴルさえいなければ、分領公国が西欧の諸国みたいに発展してたんだろうな

45: 2019/02/05(火) 05:24:17.23 0
あるいはキエフ公国が発展して今日のロシアの版図を占めたかも。
日露戦争は日計戦争に。

46: 2019/02/05(火) 06:32:59.22 0
いや、ウクライナみたいな南の国が、(南といっても、ロシアと比べればの話だが)、シベリアを極東まで征服することになど興味を持たないだろう

48: 2019/02/05(火) 17:15:46.32 0
リューリク(古東スラブ語: Рюрикъ[1])は、862年にラドガ(現在のロシア連邦・スタラヤ・ラドガの辺り)を支配し、ノヴゴロドを建設したとされる、ルーシの最初の首長である。
リューリクの後裔は、キエフ・ルーシから16世紀のロシア・ツァーリ国に至るまで、公、大公、ツァーリなど支配者として君臨した(リューリク朝)。

49: 2019/02/05(火) 17:16:26.22 0
リューリク朝は、リューリクを高祖とする公家で、9世紀から16世紀半ばにかけてキエフ大公国、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国、モスクワ大公国などの東欧諸国を統治した君主の公朝である

50: 2019/02/05(火) 20:15:24.66 0
しかし、皆がリューリクの子孫と言ったって、何百年もたてば、もはや親戚とはいえないほど遠くなってるはず