1: 2019/06/10(月) 10:30:01.09 0
ロレーヌ家(フランス語:Maison de Lorraine, ドイツ語:Haus Lothringen)は、ヨーロッパ貴族の家系の一つ。シャトノワ家(フランス語: Maison de Châtenois)とも呼ばれる。
元来はロレーヌを統治した公爵家であったが、18世紀に婚姻によりハプスブルク家を相続してハプスブルク=ロートリンゲン家となったことで、ヨーロッパ史上において重要かつ最も長きにわたって統治した王家の一つとなった。
現在当主はカール・ハプスブルク=ロートリンゲンでオーストリア皇帝、ハンガリー、クロアチア、ボヘミア、ガリツィア・ロドメリア、イリュリアの王およびエルサレム国王の称号を有する。

引用元: ・ロレーヌ家を語る

3: 2019/06/10(月) 10:50:30.17 0
ロレーヌ家ってそんな語ることなくない?

4: 2019/06/10(月) 11:10:05.04 0
ロレーヌ公国が現代まで存続する可能性はあったのかな?

7: 2019/06/10(月) 12:15:50.52 0
>>4
フランツ・シュテファンがマリア・テレジアと結婚しなかったら可能性ある。

5: 2019/06/10(月) 11:10:49.98 0
なんかお菓子みたいな名前だな。

6: 2019/06/10(月) 11:30:35.39 0
お菓子みたいな名前はブルボンだろ

8: 2019/06/10(月) 12:19:52.99 0
ロレーヌ洋菓子店もブルボン株式会社もお菓子の名前ではない

9: 2019/06/10(月) 12:25:25.17 0
>>8
調べたらロレーヌ洋菓子店ってあったw

10: 2019/06/10(月) 12:30:54.95 0
今のハプスブルク家は男系だとロレーヌ家なのに、
単にハプスブルク家と略されてしまう一体なぜだ…

11: 2019/06/10(月) 12:50:50.63 0
>>10
力関係的に明らかに婿入りだから

13: 2019/06/10(月) 13:00:00.37 0
>>11
フランツ・シュテファンって入婿になるのか?

15: 2019/06/10(月) 13:30:54.25 0
>>13
正確には入婿じゃないけど事実上入婿みたいなもの

12: 2019/06/10(月) 12:52:15.54 0
ロレーヌ家の支配していたトスカーナってフィレンツェやカノッサがあったところだろ?
フィレンツェ共和国やカノッサ伯国を併せてトスカーナ公国が出来たの?
ルネサンス時代はメジチ家がこの辺で権勢を誇っていたと思うがどういう経緯でフランス出身のロレーヌ家がここの支配者となったの?

14: 2019/06/10(月) 13:10:24.73 0
>>12
フランツ・シュテファンがマリア・テレジアと結婚、ロレーヌ公国を放棄。

メディチ家のトスカーナ大公ジャン・ガストーネが死去、メディチ家断絶。

ロレーヌ公国を放棄した代償としてフランツ・シュテファンがトスカーナ大公国を相続。

16: 2019/06/10(月) 13:50:15.43 0
マリア・テレジアの婚約者候補
フランツ1世(ロレーヌ)
フリードリヒ2世(プロイセン)
カルロス3世(スペイン)

17: 2019/06/10(月) 14:04:40.96 0
>>16
フリードリヒ大王と結婚してたらその後の歴史が大きく変わっただろう。

26: 2019/06/10(月) 16:19:43.68 0
>>17
ヒトラーが歴史の表舞台に現れることもなかった

18: 2019/06/10(月) 14:15:45.48 0
フリードリヒ大王なんかと結婚したらハプスブルク家が断絶する

19: 2019/06/10(月) 14:19:15.98 0
プロイセンはカトリックじゃないからはじめから無理そうだな

20: 2019/06/10(月) 14:40:01.25 0
ハプスブルク=ホーエンツォレルン家

21: 2019/06/10(月) 14:55:16.17 0
>>20
実現してたらハプスブルク家主導でドイツ統一してたかも?

46: 2019/06/10(月) 20:30:35.24 0
>>21
大ドイツ主義

50: 2019/06/10(月) 21:40:21.67 0
>>46
ハンガリーとか揉めそう

22: 2019/06/10(月) 15:05:00.77 0
>>20
恐ろしい…

23: 2019/06/10(月) 15:29:38.61 0
フランス革命軍に解体されて終わりや

24: 2019/06/10(月) 16:00:55.63 0
>>23
フランス革命起きなかったんじゃね?

25: 2019/06/10(月) 16:05:50.59 0
アメリカ独立戦争も起きなかったかも

28: 2019/06/10(月) 16:55:24.67 0
>>25
ナポレオン戦争も起きなかった

27: 2019/06/10(月) 16:50:15.23 0
歴史が変わりすぎて想像できない

29: 2019/06/10(月) 17:00:30.88 0
現在のロレーヌ公は誰?

30: 2019/06/10(月) 17:01:59.71 0
>>29
カール大公

31: 2019/06/10(月) 17:10:21.88 0
>>30
即レスでびっくりw
カール大公なのか

32: 2019/06/10(月) 17:20:25.02 0
フランス第五共和制政府はエルザス=ロートリンゲン地方をハプスブルク=ロートリンゲン家現当主カール・ハプスブルク=ロートリンゲン氏に返還すべき

アルザス=ロレーヌ大公国のシャルル・ド・アブスブール=ロレーヌ大公

33: 2019/06/10(月) 17:35:45.08 0
アルザス=ロレーヌ大公国とかあり得るの?

34: 2019/06/10(月) 17:44:59.27 0
>>33
ありえないです

35: 2019/06/10(月) 18:30:40.31 0
ロレーヌ家はロレーヌはもちろん、アルザスも祖先にあたるエティヒョー家が、
アルザス公として支配していたから、アルザス=ロレーヌとは歴史的に深い繋がりがある。

48: 2019/06/10(月) 21:01:45.33 0
>>35
エティヒョー家はハプスブルク家の祖先では?

49: 2019/06/10(月) 21:15:03.33 0
>>48
ハプスブルク家とロレーヌ家は同族になる。

36: 2019/06/10(月) 19:05:00.50 0
最後の授業

39: 2019/06/10(月) 19:55:15.41 0
>>36
フランス万歳!

37: 2019/06/10(月) 19:09:30.44 0
ヴィッテルスバハ家と統合した方がよかったのに

38: 2019/06/10(月) 19:31:44.93 0
統合できないだろ

40: 2019/06/10(月) 20:00:01.31 0
ある日、フランス領アルザス地方に住む学校嫌いのフランツ少年は、その日も村の小さな学校に遅刻する。
彼はてっきり担任のアメル先生に叱られると思っていたが、意外なことに、先生は怒らず着席を穏やかに促した。
気がつくと、今日は教室の後ろに元村長はじめ村の老人たちが正装して集まっている。教室の皆に向かい、先生は話しはじめる。

「私がここで、フランス語の授業をするのは、これが最後です。普仏戦争でフランスが負けたため、アルザスはプロイセン領になり、ドイツ語しか教えてはいけないことになりました。これが、私のフランス語の、最後の授業です」。
これを聞いたフランツ少年は激しい衝撃を受け、今日はいっそ学校をさぼろうかと考えていた自分を深く恥じる。

先生は「フランス語は世界でいちばん美しく、一番明晰な言葉です。そして、ある民族が奴隸となっても、その国語を保っている限り、牢獄の鍵を握っているようなものなのです」と語り、生徒も大人たちも、最後の授業に耳を傾ける。
やがて終業を告げる教会の鐘の音が鳴った。それを聞いた先生は蒼白になり、黒板に「フランス万歳!」と大きく書いて「最後の授業」を終えた。

41: 2019/06/10(月) 20:10:35.64 0
フランスとドイツの国境地域に位置するアルザス=ロレーヌ(フランス語: Alsace-Lorraine、ドイツ語: Elsass-Lothringen(エルザス=ロートリンゲン))では古くからケルト人が住んでいた。
ローマ帝国に支配された後は、歴史の中で幾度となく領土侵略が繰り返されたことにより、ゲルマン系のアルマン人とフランク人が相次いで侵入してきた。
それにより北部ではドイツ語のフランク方言が、南部ではスイス・ドイツ語に近いアレマン語が長らくこの土地で話されるようになった。
この地は、元来神聖ローマ帝国に属していたものの、帝国に野心を抱くフランスの侵略の標的となった。
しかし神聖ローマ帝国の側では、アルザス=ロレーヌを帝国の領域から切り離してフランスに割譲することによって、フランスの帝国への干渉を食い止めた。
結局1736年に、アルザス=ロレーヌはフランスに編入された。その間に公用語としてフランス語が用いられたため、アルザス地方の言葉はフランス語の語彙が入ったアルザス語として形成されていった。

1871年に普仏戦争でフランスが敗れると、ベルフォールを除いたアルザスと、ロレーヌの東半分がプロイセン(ドイツ帝国)に割譲される、という複雑な経緯を辿る。
普仏戦争に敗戦したフランスに反ドイツ感情が湧き起こったこの頃であり、毎週月曜日にパリで『月曜物語』の新聞連載が始まった。

42: 2019/06/10(月) 20:15:14.51 0
ドイツ帝国統治下
当時の住民の大多数はドイツ系のアルザス人だったため、フランス語にそれほどなじみがあったわけではなかった。
ドイツ統一後もアルザス人は必ずしもドイツから完全な「ドイツ人」とは見なされていなかった節がある。
しかし安全保障上の問題からエルザス=ロートリンゲンを必要としていたプロイセンが「統一ドイツ」というナショナリズムを利用して普仏戦争を勝ち抜いたという経緯もあり、
後には自治憲法の制定を認めるなど、比較的穏やかな同化政策を取っていたと考えられている。
しかしツァーベルン事件の発生後は中央政府および軍との関係が悪化し、自治憲法も停止された。

43: 2019/06/10(月) 20:20:00.28 0
戦間期と第二次世界大戦
第一次世界大戦でドイツが敗北した後の1918年11月8日、同地域はアルザス=ロレーヌ共和国として独立した。
アメリカのウィルソン大統領はこれを承認しようとしたが、フランスは拒絶した。
11月19日にはフランスによって占領され、この地域は再びフランス領アルザス=ロレーヌとなった。
第二次世界大戦時、ナチス・ドイツのフランス侵攻によって同地方は再びドイツ領エルザス=ロートリンゲンとなった。ナチス・ドイツの統治においても同化政策は一定程度踏襲された。

44: 2019/06/10(月) 20:21:20.61 0
第二次大戦後のフランス化政策
第二次世界大戦後この地区には再びフランス化政策が敷かれたが、テロや独立運動が発生するなど反発が強く、間もなくフランス政府も方針を転換した。
1999年のジョスパン改革により、初等教育からドイツ語・アルザス語の教育が認められている。イタリアの南チロル地方ほど明確なドイツ人地区あつかいではないが、バイリンガルを基本として民族的な独自性が尊重されている。
ストラスブールに欧州議会が設置されたのもこうした背景が大きい。

政治的には、普仏戦争で勝利したプロイセン王国がエルザス=ロートリンゲンでのドイツ式初等教育義務化を実施し、フランス語は外国語教育としてのみ導入されていた時代である。
ただしもともと、アルザスにおけるフランス語は公的文書などのごく一部に使用されていたに過ぎず、フランス政府自身がアルザスにフランス語を強制しても定着の見込みはないと諦めていた、という意見もある。

45: 2019/06/10(月) 20:22:30.10 0
結論、アルザス=ロレーヌの歴史はかなり複雑

47: 2019/06/10(月) 20:51:29.44 0
>>45
ロレーヌ家が統治していればこんなことにならなかっただろう。