1: 2011/12/21(水) 22:09:49.70
理解のピースを、呟き提供しましょう。

引用元: ・聖書の価値を追究する☆虹的理解→神話

2: 2011/12/22(木) 02:21:46.45
イエス・キリストは悪魔よりも悪であった。

3: 2011/12/22(木) 16:37:00.40
俗に云われる『第三の目』を聖書へ当てはめ考える。

では、第二の目とは何か。二つ有る目の『二つ目』である。
では、第一の目とは何か。二つ有る目の『一つ目』である。

エデンの園で蛇にそそのかされるまでは一つ目であった。
一つ目は二次元の視界を云う。二つ目は三次元の視界を云う。

4: 2011/12/22(木) 19:20:57.91
二つ目では、二つの視点から事象を見る事を意味する。
『善悪』を使用するという要素が含まれているのだ。

実を見、蛇にそそのかしを受けていた時点では『一と半目』、1.5目であり、第二目の半目は、蛇との関わりで開いたのである。

5: 2011/12/23(金) 16:58:32.26
第三の目は、巷で云う処の『邪気眼』wが有名である。
二つ目に拠る情報を分析し結論する『俯瞰する目』が第三の目だ。

6: 2011/12/27(火) 05:51:53.74
第三の目は何処にあるのだろうか。上か下か真ん中か。
位置に拘る故に属性がある。神の意図の視点、自己を神と換える視点、魔の意図の視点。

8: 2011/12/29(木) 22:21:45.01
キリストの言葉により第三の目をヒラクティリー、なんつって。

キリストに因らなければ、第三の目は蛇の半目か神の半目が開いている事になる。
キリストの云う、目を曇らすの丸太、梁、は、幼いときから在るのだ。

9: 2011/12/30(金) 05:01:25.77
第三の目に属性があるということは、その目で見る事象の理解に属性がかかるということだ。
人間には神の視点も有る。蛇の様に賢くして、視点を切り替えて善悪を考える事もできるのだ。
人が備えている神の形ともいえるだろう。

10: 2011/12/31(土) 04:57:33.32
キリストの十字架は、縦木と横木の基本的パーツで構成されている。
双方の木に込められた要素は何だろうか。

横木が顕す二次的事象には特徴的なモノがある。
それは『ノアの箱船』だ。

12: 2012/01/01(日) 17:07:41.91
何故、横木が箱船なのか。強い関連性を見出すには、他の二次的要素を探究しなければならない。
『水とは何か』など、根元要素を視野にいれる必要がある。

13: 2012/01/01(日) 18:55:00.69
横木と箱船を繋げるには、視る側の素養か要る。
善悪をつける第三の目、神の視点。取り分け、十字架の業を成したキリストの視点は重要だ。

14: 2012/01/02(月) 11:02:24.12
このピースを組み上げて行くと、此までの理解を超えた領域へ踏み込めるだろう。
ピースがピースを繋げ、驚愕でありながら、至って当然な、画された意図を視るだろう。

知恵を付け、善悪を知った人間へ告げる。 なんちゃって。

16: 2012/01/02(月) 21:31:58.73
ノアの箱船、と一口に言っても、そこに含まれる要素は幾つもある。
シンプルな所で、『箱船』と『箱船への奇蹟』を分ける。共通する明確な要素は『救い』。
善悪の視点を換えると、『善い箱船』に対する『悪い箱船』、『救いの奇蹟』に対する『滅びの奇蹟』に気付く 。

17: 2012/01/05(木) 22:29:39.16
善い横木と悪い横木が在り、善い縦木と悪い縦木がある。
善い蛇が在り、悪い蛇が在る。
善い十字架と悪い十字架を見分ける知恵を付け、十字架の清めを視る者は、多くを与えられていると言える。

18: 2012/01/06(金) 03:05:32.03
箱船が顕す、二次的事象には特徴的なモノがある。
それは『エデンの園』である。

19: 2012/01/06(金) 21:16:02.51
エデンの園を相対的に視ると『箱船には無い特筆的な変化』もあり、
強い繋がりの主張に疑問を持たれることだろう。

20: 2012/01/06(金) 21:25:01.58
真実は『箱船も変化する』のだ。
『変化した箱船は御国のことである』

21: 2012/01/10(火) 01:01:21.66
ルカ書23章の十字架刑の土壇場
罪人B:「イエスよ、貴方の御国においでになる時には私を思い出して下さい」
キリスト:「はっきり言っておくが、貴方は今日私と一緒に楽園に居る」

22: 2012/01/10(火) 05:28:32.78
罪人:Aと罪人Bの差、背負った十字架の属性の違いに因む、
『キリストに因る十字架の清め』効果。
清められた横木をエデンの園と表現し、失楽園状態からの回復を意味する。

まだ死亡していない点に注意されたい。

23: 2012/01/13(金) 14:51:12.92
ルカ書17章の神の国はどこにあるのか
キリスト:「神の国は、見える形では来ない。 『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。
実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

24: 2012/01/15(日) 15:19:16.36
罪人AとBとキリストで生命の木になってるんだって三位一体・・
それぞれにそれぞれの罪を背おった一生がありそれは神や聖霊がせおった罪、(人類に行ったこと)
でありキリストの前世(預言者)を含めてその罪から逃れられないってことでは?

25: 2012/01/16(月) 03:43:15.20
聖書から価値ある何かを得ようと思うのならば、聖書の語る
所を否定するだけでは得られないのだ。

「神様自身の罪での十字架の贖罪」という理解が、聖書の価値
を追究するうえでのモノならば斬新過ぎるにも程があるっすヾ(@Σ@;)シ

頭の片隅に置いときますん。

26: 2012/01/16(月) 05:41:34.05
罪人Bは、自身の十字架を受け入れ、イエスの十字架が誰の罪であ
るのかが解らないまでも、正しい者の不滅を望み、悔い改める己
の再生を希望した。
この事で何故、罪人Bは楽園に居る事になるのか。

キリストの負う十字架は人の十字架であり、その横木はイエスの
云う『くびき』なのである。

27: 2012/01/18(水) 17:50:03.02
キリストもガキのころは短期だったという伝承があるし・・
誰かとにてない?モーセだったり神自身とも、モーセなんて散々殺人をして
それでも神は十回で殺人の戒めを定めてるのにカナンの侵攻を進めモーセはそれを
わざと拒んだと思うんだよね。殺人は嫌だけど神が進める・・それではパリサイ(先住民)は
人間ではないのか?(元は親戚)そこらへんがユダヤ教の悩めるところでありキリストはその罪を
思想でもって贖ったってことかもしれん・・罪人Bっていうのはキリストのソウルメイトというか友達
なんじゃね?「スモーキングハイ」映画はそのことを言ってる。

28: 2012/01/18(水) 20:08:04.25
パズルは、ピースの絵柄が合ってなくても、接合部が合っていれは組み上げる事が可能。
しかし、絵柄がそろっていないものは、一般的に美しいとは言わない。

29: 2012/01/18(水) 21:44:03.11
「聖書の価値を追究する」とは組み合わせる絵を大きくし、まだ見ぬ精妙を確認する行為である。

30: 2012/01/19(木) 22:12:40.71
キリスト『私は、柔和で謙遜な者だから、私のくびきを負い、私に学びなさい』
『そうすれば、あなた方は安らぎを得られる』
『私のくびきは負いやすく、私の荷は軽いからである』

31: 2012/01/20(金) 05:23:22.41
キリストの十字架はT字形だったとも云われている。
映画パッションの様に、横木を刑場まで担ぎ歩いたのだ。

32: 2012/01/20(金) 05:40:04.06
事前に、十二分に痛めつけられており、逞しいキリストにも厳しい道程であった。
横木は軽くは無いだろう。
しかし、『この道程の助け手』であるピレネ人のシモンが現れる。

33: 2012/01/21(土) 20:52:16.20
このキレネ人のシモンが何者であるのか。『道程の助け手』が誰に対するモノ
であるのか。この属性を考え、構造を考える。
シモンの二次的理解を考えると精妙な存在である事に気がつくだろう。

34: 2012/01/22(日) 21:46:06.36
シモンの精妙を視るには画の大きさが足りていない。
視えているなかでは『箱船に加える力の一つ』であろうということ。

35: 2012/01/22(日) 21:51:15.55
また、『この道程』を行く者には、同様に『助け手』が現れるはずである事。

36: 2012/01/25(水) 22:17:38.07
預言者のモーセが搭載された葦舟は箱船の二次的事象と考え易い。

37: 2012/01/27(金) 21:37:50.49
葦舟ではなくてパピルスの篭舟であるが、両親は神の声に従って篭舟を建造したのだ。

38: 2012/02/03(金) 19:05:50.69
聖櫃に「亦の名」がある事から、聖櫃と横木と箱船との二次的繋がりを視る事ができる。

39: 2012/02/05(日) 21:42:08.19
聖櫃は、木と黄金と知恵で造られている。
掟の石版と杖を入れる箱、箱の蓋でもある贖いの座、担ぐ為の棒二本と金環。

40: 2012/02/06(月) 02:09:55.56
棒と金環とは、「抜き差し自在な構造」になっている。

41: 2012/02/07(火) 20:52:43.29
聖櫃のシンプルな構成要素が、他の事象とどう対応するのか。
そして、その理解から某が暴かれるのだろうか。
一つの結論は後にして、ピースを提供する。

42: 2012/02/08(水) 16:09:57.82
知りうる要素を皆記してはいないのは、一つの画を描き、その画に対応する物を
『二次的構造物である事を衆目に曝すため』である。
よって目的理解に遠い要素は省いている(^^)/

43: 2012/02/08(水) 19:10:11.85
聖櫃の棒が、箱船へどの様に対応しているのか、十字架の縦木との二次的関係は何か。
人が視るための精妙なる仕掛けが、何処の神話に繋がるのか。

44: 2012/02/12(日) 22:00:45.33
過ぎ越しの奇蹟にて、仔羊の血を付けた鴨居と柱とは、十字架に通じる。
『鴨居は箱船に相当』し、『柱は十字架の縦木に相当』する。
☆箱船には血が無い。鴨居とは属性違いの二次的構造なのだ。

45: 2012/02/13(月) 22:23:04.14
出エジプトでの海を割る風の奇蹟は、(箱船の見えない)箱船の奇蹟の二次的事象である。
箱船は形を代えているのだ。

46: 2012/02/14(火) 03:20:25.48
道程であり、家の門であり、結界であり、シェルター(船)である。
箱船は道に代わったのだ。

出エジプト記は、天地創造とキリストの言葉、を繋ぐ意図があるとも言える。

47: 2012/02/16(木) 04:08:50.46
感の良い者なら、これまでの記述で察するだろう。
感の悪い者には、はっきりと伝えねばならない。
素直かつ純心なキリスト信徒ほど、視野は狭く耳が鋭いのである。

48: 2012/02/17(金) 12:47:01.61
ルカ書19で、(時節的には箱船を建造するのと重なる時)エリコの町にザアカイという者がいて、
「イエスがどんな人か見ようとしたが、群集に遮られて見る事ができなかった。
それで、イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。
そこを通り過ぎようとしておられたからである」。

49: 2012/02/19(日) 23:28:41.29
ザアカイは、未だ見えぬ血塗られた横木、則ち「キリスト」の故に木の上に居たのである。
いちじく桑の木には箱船が無いので、イエスにより降ろされたのだ。

50: 2012/03/03(土) 04:32:33.26
堕天使ルシファー崇拝してるぜ 666獣の数字の力は本物だ 神なんざぁペテンだ 日本の神も賽銭泥棒だ
魔力が引き寄せるぜ どんどん大金を富を オレに運んでくるぜ
オレは近いうち必ず大金を富を手に入れるぜ

666の力は偉大だ