1: 2013/11/01(金) 02:55:14.52
牛の頭と人間の身体って
牛のパワーも人間の頭脳も持ってないじゃんwwww

人間+動物系の怪物で一番強い奴ってどいつ?

引用元: ・ミノタウロスとか絶対に雑魚だろwwwwww

6: 2013/11/01(金) 11:39:47.74
>>2
なんだそれ
パチモン乙

5: 2013/11/01(金) 10:48:07.14
マヒシャースラというインドの神もいるしな。牛頭人身だから弱いってことにはならないな。
だって日本じゃ大威徳明王だから。閻魔すら殺すよ

6: 2013/11/01(金) 11:39:47.74
>>5
ネメアの獅子って姿形は普通のライオンだったけど不死身だったんだよな
怪獣は見た目で評価したらあかんね

8: 2013/11/01(金) 13:02:49.48
>>5
大威徳明王は「マヒシャ(マヒシャースラ)を止める者」だからマヒシャースラとは別の神格

9: 2013/11/01(金) 13:23:41.92
>>8
言葉ではそうかもしれないけど姿形はまんまマヒシャースラ=ヤマーンタカ

10: 2013/11/01(金) 13:34:44.86
>>9
それってチベットの話だろ?
日本の大威徳明王のことじゃない
チベットでも「同じ姿」なだけでマヒシャとは別だけどな

28: 2013/11/08(金) 07:37:31.19
>>9>>10>>12
似てる姿なのは文殊菩薩がその悪鬼と同じような牛面で、しかも悪鬼以上の武器をもった姿に変化した
からじゃないのか?
つーかwikiにソースもない個人ブログの呟きから勝手にマヒシャースラ同一説書かれてるけどあれいいのか?
しかもブログには同一なんて一言も書かれてなく由来としか書かれてないのに

11: 2013/11/01(金) 15:04:13.47
>>8
帝釈天=インドラ
ここらへんが精一杯の情弱の俺にはわけわかめ

実際のところギリシア神話の怪物ではミノタウロスって弱い方なんだし
怪物では雑魚なんじゃね

27: 2013/11/08(金) 07:12:17.41
>>8
マヒシャースラ=「マヒシャを止めるもの」という意味じゃないのか?
つーかインドじゃなくて起源はチベットだよな?

29: 2013/11/08(金) 07:37:55.47
>>27
マヒシャースラ=「マヒシャ・アスラ」=「マヒシャというアスラ」
この言葉はサンスクリット語なので、起源はインド

7: 2013/11/01(金) 11:43:03.15
草食動物なの?
胃も四つあるの?

14: 2013/11/01(金) 20:00:25.47
牛の頭に人間の身体って
中国の三皇の一人炎帝神農や
その子孫で中国最大の魔王として黄帝と戦った、蚩尤も牛の頭だよ

15: 2013/11/02(土) 09:19:34.80
蚩尤って魔王なんかな?英雄神なんじゃ・・・?

16: 2013/11/02(土) 22:13:01.82
蚩尤は苗族かどこかの民族の神だったけど
漢民族から見たら魔王と変わらないんじゃね
でもミノタウロスみたいな知性を持たない怪物じゃ
数多くの武器を発明し、風雨を操り、濃霧を自在に起こせた蚩尤には比べられんな

頭が動物だからって知性がないのは間違い
現にガネーシャは知恵の神だし、ミノタウロスがカスなだけで獣頭は粒ぞろい

17: 2013/11/02(土) 23:18:47.44
ミノタウロスは別名アステリアスという本名があるみたいね

一説によるとギリシャ文明を一時支配していたクレタ文明を揶揄した
ものと言われており
クレタ島では牛の仮面をした司祭の元
島の勇敢な若者が牡牛を乗りこなす今でいうロデオみたいな儀式があったらしい。
その祭の中で当然アバレ牛から落ちて命を落とす若者もおり
それがミノタウロス伝説になった模様

18: 2013/11/04(月) 04:42:10.77
イシュタル(金星)>アスタルテ>アステリオス(星、雷光)

19: 2013/11/04(月) 04:46:07.57
クダンは人の頭に牛の体。
予言をするという。

20: 2013/11/04(月) 22:13:04.17
牛頭天王って日本にもいるけれど、疫病神だよな。

21: 2013/11/05(火) 20:41:22.74
あとモロクも牛頭だったよな
バアルもにたような外見だっけ

22: 2013/11/05(火) 21:55:04.03
>>21
ヤーヴェ=イルも牛頭の神ですよ。
カナン神話ではバアルになんと敗れるのだとか。
そりゃバアルは悪魔にされるね

23: 2013/11/06(水) 16:04:24.10
バアルも牛を象徴している神じゃん

24: 2013/11/07(木) 15:41:38.36
初期のヤーヴェ(イル)って頭は牛で下半身は蛇で息子はヤムナハルというドラゴンで妻はアシェラという事らしい。
バアル追放のために自分の息子を王位に付かせようとするも息子はヤムナハルは謀殺。
さらにモートという死を司るヤーヴェ側の神を抹殺。

なのにイスラエル側はヤムナハル→ロタン→レビヤタンとなってどんどん悪魔に堕ちていく。
そこには何があったのか。謎だ。
こういうけっこうグロい姿だから偶像崇拝を禁じたのかもしれない。古代ユダヤの方は。
なんと妻は性まで転換されてアスタロトという悪魔に落ちる。
母子、哀れ・・・。

25: 2013/11/07(木) 19:59:27.14
牛頭蛇身は原初の神なんだよ
世界中の神話で牛頭蛇身が最初の神として記載されている

31: 2013/11/08(金) 09:58:56.25
ネパールではメグサンヴァラ(いずれも水牛の頭をもつサンヴァラの意)
なんだな。
というか止めるものじゃなくて実は留める者じゃねええのか。

32: 2013/11/08(金) 10:04:10.41
mahiSa「saMvara」だからなのね。

33: 2013/11/08(金) 10:09:34.57
勝楽(サンバラ)尊なんだから「マヒシャという名の勝楽尊」じゃないのか。
サンバラは「戒」って意味にもなるけど、それは仏尊では「守護神」「仏敵から守る」って意味だしな。
サンバラってその程度の意味しかないんだわ。
だからマヒシャという名の守護神、じゃねーのか。

47: 2013/11/09(土) 10:13:16.65
ちなみに大威徳明王って敵を呪い殺すときに願うという恐るべき仏だから
阿修羅族の化身と言われても何も驚かない。
金沢文庫学芸員調査では鎌倉期に密教となぜか陰陽師の思想が混ざったそうで。
陰陽師というのは鬼をも駆使するそうだ。だから夜叉明王を駆使するのはある意味当然なんじゃね。
毒には毒をという気がする。