1: 2021/01/31(日) 04:22:22.10
元寇終わってから建武の新政の間あたりって怒涛の展開なのに
明治維新に比べて影薄くないすか。もっとこの頃の逸話とかあったら
聞きたい。

引用元: ・鎌倉幕府の最期あたりって面白そうなのに語られない

2: 2021/01/31(日) 04:53:28.90
北条氏目線で鎌倉幕府滅亡とか描いた話あったら面白そうだけどな。

4: 2021/01/31(日) 09:59:18.26
>>2
確かにそうだね
この時代を扱った作品が「太平記」だったので、後醍醐天皇(+楠木正成など)視線、
足利尊氏視線で描かれがちだったけど、北条氏・得宗被官視線もあっていい
分倍河原合戦から鎌倉合戦が最高に悲劇的なフィナーレとなる

5: 2021/01/31(日) 10:19:38.20
北条氏って独裁だけど。そんなに悪い政治はしてないんだよな。

6: 2021/01/31(日) 13:04:52.60
新選組ファンとかは北条に肩入れしてみれそうだよね。

12: 2021/01/31(日) 18:12:21.24
滅びの美学みたいのあるよね。

14: 2021/01/31(日) 20:14:02.39
菊のタブーってそんなに強いかな?
以前に比べて弱まっていると思うけどな。

まして、明治以降ならともかく、鎌倉時代や南北朝時代なんて誰にとっても歴史上の人物でしかないわけで。史実から激しい逸脱でもしない限り、許容されるんじゃないだろうか。

17: 2021/01/31(日) 20:47:43.69
>>14
社会全体の皇室禁忌はどんどん弱くなってる
…なんて思うのは甘い。甘過ぎる。
そう感じてるんなら既に調教されちまってるってことだ。

昔のように街宣車が走り回ったり野村秋介が懐に拳銃を抱いて乗り込んできたりってえようなハードな圧力は消えたが、
「普通の人々」ベースのソフトな同調圧力や魔女狩りはかつてないほど強まってる。
彼らにはその自覚が無い分だけ、そして圧力の主体が見えない分だけタチが悪い。

加えて、
営利企業(この場合は集英社)にとって大事なのはイメージだからな。
現実社会の実勢がどうあれネットで炎上しちまえば終わり。
ネット普及以来、そんな目に遭った企業は枚挙に暇がねえだろ?
それを無視して表現者としての筋を通す矜持があるか、
さもなきゃ逆手に取って炎上商売にするだけの商魂があるか、
楽しみにしてる。

まあそれ以前にジャンプなら連載十回で
「俺たちの戦いはこれからだ! -第一部完-」「〇〇先生の次回作に御期待下さい。」
の可能性の方が高えだろうけどな。

15: 2021/01/31(日) 20:21:17.53
タブーとか、そんなものはない、
広めているのは創価(日蓮~、そういう系統の宗派)か何かだろう?みたいな話ばかり。

金魚のフンと同じような意味、
どこかで「菊」(不明)一味に加わったりしたんだろう。

それでタブー?、そういうものを広めている。

18: 2021/01/31(日) 20:48:18.22
~ユダヤ同祖論というのもある「らしい」、
有力な説としては、中華(上位)コンプレックスから生まれたものだと。

20: 2021/02/01(月) 00:55:26.30
時宗死後の貞時~高時時代って影薄いよな
基本的に得宗vs内管領で権力争いしてる内に滅んだ感じ

貞時も頑張って平禅門と北条宗方倒したけど結局長崎円喜出て来たりして諦めてアル中で死んだからなあ

21: 2021/02/01(月) 08:48:15.37
北条があっさり負けすぎだろ
義仲は京都で暴れて印象が悪い
ゴダイゴを悪役に見えないようにするのも難しいんじゃないか

尊氏はヒーローとして描きやすいけど
幕府の御家人でありながら裏切るし直義とけんかする
正成は忠義

23: 2021/02/02(火) 02:41:11.96
尊氏が裏切ってわずか24日で幕府が滅んだとはいえ
そのまえに正成が数年立て籠もって頑張って北条方を引きつけたり数を減らしたおかげだとおもう
でも、その24日のあいだの戦いにもう少しやりようはなかったのかとおもう
どこかに戦局図とか戦場図とか載ってないものか
最後の集団自決も、そうじゃなくて戦うなり逃げ出すなり降伏するなり無いものかとおもう
やっぱり無いのかもしれないけど

26: 2021/02/02(火) 22:41:30.19
そういう目で見ると>>23の「…とおもう  …とおもう」連発の頭悪そうな文体もなかなか味わい深い。

24: 2021/02/02(火) 20:26:23.21
新田義貞とかも主役になれるぐらいのキャラなのにな。

25: 2021/02/02(火) 21:38:24.44
史実について語ろうというのに「キャラ」とかいう軽薄な俗語が出てくるあたりが正ににイマドキのヷカモノ。

27: 2021/02/02(火) 23:19:53.25
北条時任の愛知に逃れたって話って本当なんかね

30: 2021/02/04(木) 18:27:37.19
海外絡みと親類同士のゴタゴタが燃え広がってそのまま消滅したって意味では江戸幕府の最期と似てるよね
江戸は親類トラブル→海外絡みで順序は逆だけど

31: 2021/02/04(木) 19:11:28.35
滅んでよかったじゃん

32: 2021/02/04(木) 19:13:33.57
要するに権力と言うものを極限まで曲解しつくして独裁敷いた時代やからな

戦争して獲得した領土を自分らの財産だのほざくバカしかいない時代やで

33: 2021/02/04(木) 19:15:49.32
全部放棄させりゃよいのよ

力があれば正義だのほざいてるなら滅ぼされたときがきてもやはり正義により亡ぼされたとなるわけよ🙁

35: 2021/02/04(木) 22:06:07.48
>>33
侍てえのはそれを百も承知の上でやっ
てんだよ。

討つ者も討たるる者も土器(かわらけ)よ くだけて後はもとの塊(つちくれ)

34: 2021/02/04(木) 21:43:27.02
米原郊外の蓮華寺で仲時に殉じた400余名の過去帳を拝見した。
「名こそ惜しけれ」、死に様には鎌倉武士の誇りが残っていました。

36: 2021/02/05(金) 20:27:12.32
新田義貞の鎌倉攻めって日本史のなかだと珍しい市街地戦じゃない?

城攻めともちょっと違うし。こういうの他にあったっけ?

37: 2021/02/05(金) 20:45:09.16
>>36
応仁の乱。
に、限らず源平争覇でも観応の擾乱でも京都が舞台の合戦は大概市街戦。
尊氏vs後醍醐も、三好松永の乱逆も。

他の都市でもある。
大坂夏の陣は城攻めではあるが市街戦。
戊辰の長岡戦争、箱館戦争も然り。

39: 2021/02/06(土) 14:56:04.72
太平記が最近は語られないじゃん。

40: 2021/02/06(土) 15:37:27.06
太平記を編纂したん足利義満やけ

てより足利直義の部下にも文筆家みたいのいたがそれも太平記に取り入れられた記事らの大元を書いて記録残しとる

それがなにを意味するんかのお

41: 2021/02/06(土) 15:39:49.70
新田側として戦っていた里見一族の武将が残した里見録ってのもある

書いたのは榛名に滞在していたときと言われとる

新田関連でも三種類くらいの文献をそれぞれ残しとる

太平記には取り入れてもらえんかったがな

42: 2021/02/06(土) 15:42:32.29
そいから太平記ができたころはすでに南北朝講和が足利と北畠の間で成立しとる

ただ全国的にはまだまだ争いは続いた

北畠が残した神皇正統記も太平記に取り入れられ重要な証拠となった

43: 2021/02/06(土) 15:47:55.34
あれ?太平記は南朝側が書いたんじゃないの?

北朝側は梅松論じゃないの?

44: 2021/02/06(土) 15:51:07.87
新田の場合は越後にいた新田党はやがて守護の上杉氏に従うよ~になり家臣化した

上野にいた義貞の一族の里見姓の者らはあちこち転戦して戦いながらその内の一部は室町将軍と鎌倉公方が戦い鎌倉公方が死んだろ
鎌倉公方の一族で生き残った後継者となったやつに仕え始めて鎌倉公方の家裁となったよ🙁

関東管領上杉氏は室町将軍側だから鎌倉公方の家宰ではなくなってたの

新田本家は岩松氏が継いだ

45: 2021/02/06(土) 15:52:42.04
鎌倉公方に対する取り次ぎは関東副師里見氏が行った

46: 2021/02/06(土) 15:55:28.78
これがあったから

関東将軍鎌倉足利氏、関東副将軍里見氏って主張しとるわけ🙁

戦国末期に北条が滅ぶまで鎌倉公方家の副師として軍勢を指揮した

48: 2021/02/06(土) 15:59:32.75
それに南朝ってなら西に展開していて京都と戦争していたやがて四職の一つとなった山陰山名氏はそのころ南朝側だぞ

49: 2021/02/06(土) 16:00:20.32
細川あたりもどちらに転ぶかその段階ではまだ分からんしな

50: 2021/02/06(土) 16:01:58.85
南朝も北朝もどちらもニセモンじゃねえんだよ🙁

どちらも正当な天皇家なんだね😳