1: 2012/09/14(金) 10:09:10.02 ID:PErBDrmJ0
語ろうか

引用元: ・日本本土空襲について

2: 2012/09/15(土) 14:14:47.00 ID:NW/z9e8n0
空襲怖すぎ

3: 2012/09/17(月) 23:53:18.54 ID:TLRkfQKJ0
なぜ日本はしっかりした防空壕をつくらなかったのか。
ドイツでさえしっかりしていたのに。

6: 2012/09/30(日) 23:20:23.62 ID:vgb5QubM0
>>3
ドイツでさえじゃなく、日本はドイツの空襲対策に到底及ばない。
まず根本的な問題だが、空襲以前に火災に対して日本の都市構造は脆弱すぎる。

4: 2012/09/18(火) 04:21:21.55 ID:GaOFXcvhO
今も定期的に空襲あればいいのにな。
俺は高架橋の下に隠れる予定。

7: 2012/10/08(月) 15:55:02.99 ID:xovU6jn90
東京大空襲の時の報道:

日本では大本営の発表しかなかった。新聞ではせいぜい2ページぐらい。
平成20年、3月11日の『朝日新聞』
『B29、130機は昨晩帝都市街を盲爆、約50機に損害、15機を追撃す』

という大本営発表を見出しにかかげ、その記事は、「軍官民は不敵な敵の盲爆に
一体になって対処」し、「わが本土決戦への戦力の蓄積はかかる敵の空襲に
よって阻止せられるものではなく、かえって敵のこの暴挙に対し、減敵の戦意は
いよいよ激しく爆煙のうちから盛り上がるだろう。」

10: 2012/10/08(月) 22:31:31.54 ID:xovU6jn90
>>7
3月10日の「ニューヨークタイムズ」の報道。

「記録的な空襲、B29は1000トン以上の焼夷弾を首都に投下す。

3月10日の早朝、300機のB29による、これまで見られない最大にして
猛烈な空襲が東京に対して行われた。
その中心部の15平方マイルの地区は、全く火の海と化した。 
天候に恵まれて爆撃が容易であったので、・・・火焔は非常に高くたち登り、
空はきわめて明るかったので、煙が1万8フィートの高さまでたちこめたが、
2万フィートの高度で時計の文字盤が読むことができた。」

9: 2012/10/08(月) 18:18:01.44 ID:WcoissiAO
率先して目と耳ふさいだのがその新聞。

12: 2012/10/08(月) 22:49:04.24 ID:xovU6jn90
「朝日新聞」の当時の責任者は、戦後どうしたんだろう?

まさか、そのまま居座り続けていたのではあるまいね?

13: 2012/10/09(火) 00:36:23.80 ID:B0u1oBZ00
3月10日の帝都・東京の爆撃の場合、約300機のB29が出撃したわけで
あるから、一機の乗員を約10人とすれば、その攻撃部隊はおよそ3000人
である。
2時間ばかりの爆撃で約10万人を死に追いやったから、一人が平均300人を
殺戮したことになる。
アメリカの乗員たちの犠牲者数を100人とすれば、日本人の生命1000人
に対一人という計算になる。
 (早乙女勝元氏)

14: 2012/10/09(火) 00:45:16.69 ID:B0u1oBZ00
なんとおぞましくも非人間的な、すさまじい比率になることか。
しかも、空前の規模に達する犠牲者は、なんら武器を持たない都市の一般住民
だった。 非戦闘員だった。

この非情な比率は、東京大空襲のみならず原爆に至ってはさらに極端に開いて
広島の場合は20万余人が死に、相手方の米軍の死は零である。
20万人 対 0人の方程式になる。(早乙女勝元)

15: 2012/10/09(火) 00:45:20.77 ID:av5CG9uI0
マスコミは検閲されていたからな

19: 2012/10/30(火) 00:48:37.53 ID:LLm3cakt0
>>15

特に負けが込みだせば戦時に検閲が入るのは当たり前。
問題はそこじゃない。
新聞社はじめマスコミが勝っているという報道しかしなかったのは、その方が“儲かる”から。
最大の犠牲者は国民だが、最大の加害者も国民だ。

16: 2012/10/09(火) 00:47:55.32 ID:av5CG9uI0
バカの集団だったのほうが正しいな
中国にたいする懲伐を求めて日本軍を熱烈支持したのも
当時の日本国民だし
日本と貿易問題とかで対立していたイギリスに対して
反英デモやりまくるなど
当時の日本国民は傲慢、攻撃的、排他的だった
今の中国みたい

17: 2012/10/09(火) 07:30:50.79 ID:nmmyCEim0
三月十日の大空襲・沖縄戦・広島・長崎
これだけで非戦闘員が六十万人ほど殺されてる勘定か・・・鬼だな

空襲があと少しでも早かったら、ウチの母ちゃんの疎開も間に合わなかったらしい

18: 2012/10/09(火) 12:05:43.83 ID:B0u1oBZ00
あの3月10日の大空襲で仰天して、それから、日本は消失面積の拡大、
延焼を防ぐために、今度は建物の強制疎開を始めたんだね。

祖父の家は今の文京区にあったが、強制的に家を壊された。
戦車が来て有無を言わせずにどんどんぶっ壊したらしい。
もう、短い期間で知人か親戚のうちに頼って引越しするほかなかった。
そうでなければホームレスだ。

帯状に家を壊して行ったんだね。 私鉄の沿線とか、川の両岸、それと
駅前などのごみごみと家の密集した地域をぶっ壊した。
家を焼かれたも同然だった。 
老人たちはそんなこともあって、その後に死んでしまった人も大勢いた。
祖父も1ヶ月後に転居先で死んだ。 ずっと居た家を目の前で壊されたんで
ショックが大きすぎたそうだ。
ありゃ~国家の暴力だね。 
抵抗したり、抗議したら、「貴様! 非国民め!」だ。

20: 2012/11/02(金) 11:25:22.38 ID:RlHue76o0
100人切りなんてそれの最たる物だね
売れんがたための捏造報道で二人の人間が戦後絞首刑にされてるしな

21: 2012/11/03(土) 17:49:13.99 ID:Gth6pgmM0
俺の地元に海軍火薬工廠あって付近の山には、打ち上げ花火用の筒と花火師が
待機してた。さすがに花火で迎撃って・・・


22: 2012/12/08(土) 17:23:13.00 ID:qxehyGeW0
戦争後、韓国人たちが駅前周辺の土地を勝手に占領して、それまで住んでいた
住民を暴力で追い出し、女性たちを犯し、本当に無法の限りをつくしたという
話を何回も私の祖父から聞きました。

祖父自身は被害者でなかったのですか、彼の友達や義理の兄弟たちが、大変な目に
あって、何人かは重傷の怪我もしたそうです。
こういう事件は何故起きたのですか? 韓国人たちは何を企んでいたのですか?

23: 2013/02/26(火) 02:50:17.77 ID:/VSMKe9R0
普通に考えたらとんでもねえことしてるな米軍は。
一度や二度ではなく、もう日常になってんだもんな。
今だったらと考えたら怖くなるわ。だって、普通に暮らしてるだけなのに、警報なったと思ったら上空から焼夷弾落とされて逃げ惑って、
やっとの思いで家に帰ったら家が焼けてるとか泣くだろうな。
とりあえずどうする?駅前のネカフェで寝るか?ネカフェも焼けてる。冬で寒いしよー。食い物もねーし、職場も崩壊してるし。死ぬしかねーじゃん。

24: 2013/02/26(火) 03:12:50.78 ID:AfpFazIU0
しかも大規模な空襲だと、目標地域の周囲を燃やして逃げ道を塞いでから
円の中に油タップリ焼夷弾を雨アラレと投下、非戦闘員を無差別大量殺人
俺のカーチャンも危うく焼け死ぬ所だったわ

25: 2013/03/06(水) 11:28:46.36 ID:ZS5T/3Nr0
日本外交に不利な奇襲を立案し、
米側の空母二隻を逃したのに作戦成功と宣伝し、
戦争がはじまると昭和通商を通して米国から石油の密輸を行った。
戦後は海軍人は一人も処刑されないばかりか警察予備隊に天下り、
空自が発足すると東京大空襲立案者ルメイ将軍に旭日勲章を贈った。
これらの証拠から帝国海軍上層部は、
戦前からアメリカ政府と内通していたことは確実。
陸軍が対米戦争を強く要求したというのは、
山本五十六と帝国海軍人を被害者のように見せかける心理工作。

27: 2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:ho1HEeY60
アメリカによる日本空襲は日本が中韓に対してした蛮行に対する仇討ち

28: 2013/09/16(月) 03:48:48.64 ID:JoWZtUKy0
空襲の夜は街が明るすぎて星がまったく見えなかった、そうだ

30: 2013/09/16(月) 09:09:53.53 ID:PMV6ArDV0
「帝都」には当然高射砲部隊もあったし、迎撃用の戦闘機もあった。
立作太郎の論法で言えば「無差別空襲されても仕方ない」なんだよな。

上記のレスとは別の意味になるが、ほんと当時の日本人はアホ。
自分で自分の首絞めてる。

31: 2013/09/16(月) 09:17:15.74 ID:PMV6ArDV0
この立作太郎は昭和天皇に御進講もしている当時の権威中の権威なんだよな。
元々は穏健な思想の持ち主だったんだが、日中戦争が激化すると
軍部に迎合するようになったそうな。

34: 2013/09/21(土) 14:04:33.08 ID:4cVivxDj0
>>31
他にも20年代は不戦条約の有効性を説いていたが
中国進出には論旨を変えて侵略ではないというようになった。

32: 2013/09/19(木) 15:00:04.75 ID:nduaKGsd0
新聞がそう書いたのは、政府がそのように指導していたのだ。

アメリカの無差別大量殺戮の空襲を非難しない日本はおかしい。
これがなければ日本の敗戦もない。

33: 2013/09/20(金) 15:57:16.87 ID:lsP/SZjz0
大阪の空襲は昭和20年3月14日と18日
そして6月7日に残りを焼夷弾を落とし
私の家が焼失したと母が語っています。
更に日本紡績貝塚で空襲を受けた時は
戦闘機を操縦・指令・機関銃師の3人の毛唐の顔がはっきり見えたそうです。
神戸市の空襲の時は対岸から花火の様に焼夷弾が降るのを夜間に見て
翌朝には煙が上がってたそうです。

35: 2013/11/01(金) 00:47:22.87 ID:l7497hQt0
空襲で出たCO2のせいで昭和20年を境に温暖化

36: 2013/11/23(土) 02:17:12.30 ID:MNSyZe0l0
太平洋戦争はアメリカは加害者、日本は被害者、という図式で凝り固まっている人があまりに多い
風船爆弾でアメリカの民間人を死傷させた史実は知っておいたほうがいい
日本は戦争でアメリカの市民を殺した唯一の国なのだ

37: 2013/11/23(土) 02:18:46.75 ID:MNSyZe0l0
アメリカは歴史的価値のある建造物は空襲しなかった、などと大嘘をつくのはいい加減にしろ
アメリカはそんな緻密な国でもなければ思いやりのある国でもない
俺は徳島市民だが、徳島の城跡には昭和20年まで鷲の門という建造物が残っていたが空襲で焼けた
現在は平成になって復元されたものが建っている
焼失を防ごうと思えばできたはずなのにアメリカはそれをしなかった

41: 2013/11/23(土) 14:02:59.41 ID:Okk7vCRM0
>>37
現地人の主張はともかく、アメリカは歴史的な価値が無いと判断したんだろ

38: 2013/11/23(土) 02:20:37.71 ID:MNSyZe0l0
空襲で多くの日本人を殺した最大の狙いは将来にわたって日本の国力を削ぐこと。日本がまた軍事強大国になってアジアの脅威にならないようにした

39: 2013/11/23(土) 02:21:03.96 ID:4XZTdnOe0
防空壕って戦後は埋められたの?

死んだ祖母曰く近所の神社にあったらしいんだけど。

こっちは空襲なんてほとんどなかったからちゃっちいのしか立てなかったのかな?

40: 2013/11/23(土) 10:16:01.14 ID:Rgn4GSpXO
>>39
昔はあったなぁ
子供が入って危ない言われて埋められてたわ

44: 2013/11/23(土) 22:37:00.92 ID:4paMVYI20
>>40
埋められたのかぁ

中はどんな感じになってたとか、覚えてる?

どのくらいの人が入れたかとか教えてほしい

42: 2013/11/23(土) 16:10:39.77 ID:7+67DZJp0
京都も空襲されてるからね

43: 2013/11/23(土) 18:45:18.80 ID:mB6RN64WO
富山市と福井市が空襲焼失率一位と二位の被害を受けたのに、第九師団本拠地でありながら全く空襲されなかった金沢市

45: 2013/12/02(月) 16:30:59.09 ID:o10xqk060
何で3月の空襲の時点で降伏しなかったの?
あんなになったらどう見ても時間の問題だと考えそうなものだけど。
俺(天皇)の所には絶対爆弾落とさんだろって思ってたから?

46: 2013/12/03(火) 22:22:34.73 ID:gFZlhvzp0
誰が降伏を決めるかってチキンゲームやってたんだよ