1: 2012/11/12(月) 22:53:22.73 ID:3IvHN9Nd
烏桓とか匈奴とか月氏とか鮮卑とか
女真とか粛慎とか車師とか突厥とか
渤海とか靺鞨とか勿吉とか楼蘭とか

引用元: ・中国周辺民族の歴史が気になってしょうがない奴ww

2: 2012/11/12(月) 22:54:48.32 ID:qK6cmNp+
わかる
ネーミングセンスが渋井

3: 2012/11/12(月) 22:55:23.22 ID:6h7tkTEc
スイカみたいな名前の西夏すき

4: 2012/11/12(月) 22:56:00.46 ID:jqawYNeG
フェルガナこと大宛も

5: 2012/11/12(月) 22:56:35.83 ID:EDTLuRvM
南詔とか大理とか好き

6: 2012/11/12(月) 22:57:07.69 ID:K08UMFxn
わかる
大月氏とか渤海とかどんな文化か想像もつかんけど

7: 2012/11/12(月) 22:57:52.90 ID:OUGsfImj
突厥とかハンガリーとかフン族とかフンガリーとか
匈奴とか 西戎とか柔然とか

8: 2012/11/12(月) 22:57:56.77 ID:eKcSOFkM
桜蘭って聞いたことない

12: 2012/11/12(月) 22:59:16.53 ID:qK6cmNp+
>>8
シルクロードや探検隊で有名やん!

21: 2012/11/12(月) 23:02:25.66 ID:eKcSOFkM
>>12, >>15
そうなんや
8年前くらいに世界史やってたが記憶になかった
サンキュー

15: 2012/11/12(月) 23:00:20.80 ID:6h7tkTEc
>>8
世界史ではやらんけどこの中では有名やで
椎名誠の本で興味持った気がする

9: 2012/11/12(月) 22:58:34.33 ID:b8AJbSwz
同じ漢民族でも北と南で全然顔違うんだから歴史上から消えた周辺民族の子孫の中には漢民族として暮らしてる人たちもおるんやろなって思うわ

10: 2012/11/12(月) 22:58:58.14 ID:gKo4na6b
昔からの歴史を学べるって幸せなんだなって思う

11: 2012/11/12(月) 22:58:58.90 ID:OUGsfImj
うーん勃海は想像できんな・・・ 日本と交流あったみたいやが
西朝鮮のえーっと・・・・新羅とつうじて

13: 2012/11/12(月) 22:59:32.99 ID:EeL8CnoT
一応朝鮮民族って元は中国の一周辺民族に過ぎなかったんだっけ?

17: 2012/11/12(月) 23:00:29.52 ID:qK6cmNp+
>>13
噂によるとその一民族が古代朝鮮をノットたらしい

18: 2012/11/12(月) 23:00:51.26 ID:OUGsfImj
>>17
熊がつくったらしいね ちょうせんって

16: 2012/11/12(月) 23:00:28.34 ID:jqawYNeG
渤海国は海東の盛国と呼ばれて繁栄してたらしい

19: 2012/11/12(月) 23:01:20.97 ID:fWUvCvKc
全部中華思想からくる蔑称なんだよなぁ…
ちゃんとした名前が知りたい

22: 2012/11/12(月) 23:02:44.68 ID:ZKcsA7Jw
>>19
中国以外の文献資料がないときっついな…

20: 2012/11/12(月) 23:01:29.81 ID:ZKcsA7Jw
わいが卒論のテーマにしようとしたところやな。
なお

23: 2012/11/12(月) 23:02:49.36 ID:GdIsXSkm
鮮卑とか漢字すごいよな、どんだけ見下してるねん
他にも虫だとか鳥だとか犬たとか人間扱いしてない

35: 2012/11/12(月) 23:05:19.61 ID:6h7tkTEc
>>23
西夏文字で中国人を表すののは小偏に虫だったり
みんな中心やと思ってるんやないか

24: 2012/11/12(月) 23:03:14.72 ID:nMFxnsap
?婁とかいうキチガイ民族
人尿洗顔というマジキチレベルの習俗

26: 2012/11/12(月) 23:03:36.68 ID:kC3xa7cQ
大理がきになる
無双の影響であそこはジャングルなイメージ

27: 2012/11/12(月) 23:04:00.31 ID:OUGsfImj
犬戎 ← 

ってかそもそも秦っていう名前も人扱いされていたのかな・・・
周辺りに

28: 2012/11/12(月) 23:04:04.38 ID:jqawYNeG
女真文字とか西夏文字って解読されたの?

51: 2012/11/12(月) 23:07:51.37 ID:ZKcsA7Jw
>>28
西夏はほぼ解読された。
女真文字はまだかな…

30: 2012/11/12(月) 23:04:42.58 ID:WlHUjR4q
確かにこれら夷狄蛮族の自称が知りたいな
そういうのはもう望めないんだろうけど

31: 2012/11/12(月) 23:04:44.67 ID:KKLVbZiy
柔然は何したん?

39: 2012/11/12(月) 23:06:13.82 ID:OUGsfImj
>>31
鮮卑が作った国辺りで出てくる
5C~6C辺りに活躍

中国周辺といったらブハラヒバコーカンドも確か周辺だな
コーカンド辺りは今の中国に吸収されたままだけど
ヒバもブハラもルシアにやられたからな

32: 2012/11/12(月) 23:04:51.08 ID:OUGsfImj
チベットって昔の西夏だっけ 忘れた
吐番っていう国があったのは覚えている

37: 2012/11/12(月) 23:05:57.61 ID:ftUCm3ix
>>32
西夏はウイグルのあたりやなかったか?

45: 2012/11/12(月) 23:07:18.31 ID:OUGsfImj
>>37
サンクス ウィグルなのか
唐のところででてくるやつか・・

33: 2012/11/12(月) 23:05:04.15 ID:wC2ZCslW
この辺大好きで馬賊になるのが夢だったのが司馬遼太郎

34: 2012/11/12(月) 23:05:17.69 ID:bRNttFTT
よくもまあこんなに蔑称思いついたなwww
卑弥呼とかもそうだが

47: 2012/11/12(月) 23:07:42.56 ID:mOMLNFkL
>>34
なんj民に言ってあげれば

36: 2012/11/12(月) 23:05:56.79 ID:59PlA++L
突厥とか名前の雰囲気からして野蛮だよね

38: 2012/11/12(月) 23:06:12.57 ID:x8VPMLi1
金とかいう北宋を滅ぼした強遊牧民族
なお、モンゴルには歯も立たなかった模様

52: 2012/11/12(月) 23:07:54.94 ID:jqawYNeG
>>38
北宋さんサイドが弱すぎるのではないか

65: 2012/11/12(月) 23:10:09.08 ID:A7BdIBVg
>>38
中原に入ると文化に飲み込まれて
弱体化するんだよなあ……

78: 2012/11/12(月) 23:12:18.75 ID:ftUCm3ix
>>65
不思議だよな。普通は征服した側が自分らの文化を押し付けるのに、中国は皆自ら漢民族の文化に染まっていくという

94: 2012/11/12(月) 23:14:32.66 ID:qGBvilIU
>>65
もともとステップ地方をはじき出されてきた連中は遊牧民の中でも負け組
ステップ地帯は東欧の側(西部)が草原生い茂る豊かな土地になってて、
そこで異変が起きると雪崩式に弱い部族が順番に土地が貧しい東部に移動していく
最後にステップから弾き出されて中原に攻め込んでくるのが一番弱い連中

なお、ポリネシアなどでの例を見る限り農耕を始めて人口稠密を起こした民族は戦争なれして荒事に強くなる模様
何故中原とチグリス・ユーフラテス流域などで農耕民が弱くなるかは不明

40: 2012/11/12(月) 23:06:28.33 ID:CZgUoXqs
ワイ受験生、某私大入試で匈奴を匂奴と書いてしまった模様

41: 2012/11/12(月) 23:06:31.44 ID:Du7i5Rt8
明代の北方の脅威はタタールだけど、モンゴルどこに消えたん

49: 2012/11/12(月) 23:07:47.54 ID:qK6cmNp+
>>41
中国特有の中華同化によって腐った模様

59: 2012/11/12(月) 23:08:48.00 ID:EDTLuRvM
>>41
北元のチンギス系統が絶えた後がタタール

74: 2012/11/12(月) 23:11:49.52 ID:Du7i5Rt8
>>59
タタールとモンゴルって違うんやないの?
ロシアのタタール人と中国のタタール人は別?

92: 2012/11/12(月) 23:13:50.33 ID:EDTLuRvM
>>74
言語的にもモンゴル系とテュルク系だから全くの別物やで

98: 2012/11/12(月) 23:15:10.04 ID:Du7i5Rt8
>>92
ややこしいなあ
タタールのくびきって意味が変わってしまわないかな。それじゃ

80: 2012/11/12(月) 23:12:26.22 ID:K08UMFxn
>>41
消えとらんやろ
清代にもかなりでかい勢力になっとるし

42: 2012/11/12(月) 23:06:50.38 ID:APscZ7go
ウイグル地方って人いるの?

60: 2012/11/12(月) 23:09:10.32 ID:ZKcsA7Jw
>>42
新疆ウイグル自治区

43: 2012/11/12(月) 23:06:55.45 ID:6h7tkTEc
古代ローマ人も小便で洗濯してたんやなかったかな
ギリシャかもしれへん

57: 2012/11/12(月) 23:08:42.58 ID:b8AJbSwz
>>43
古代ローマの貴婦人は少女の尿の風呂入っとったんやっけな
ポルトガルの女の子のが濃いとされて特に喜ばれたとか

63: 2012/11/12(月) 23:09:30.95 ID:WlHUjR4q
>>43
ポンペイには今で言うクリーニング屋があった
そこは人尿に洗濯物をつけて奴隷がそれを足踏みして漂白する、って店だった

44: 2012/11/12(月) 23:06:59.19 ID:8Y5Unu+U
ホスロー1世は突厥と組んでエフタルを滅ぼした

なぜか学生時代のワイは突厥にロマンを感じた
なお隋唐の謀略であっけなく分裂した模様

46: 2012/11/12(月) 23:07:30.30 ID:ftUCm3ix
小便で顔洗うとかエスキモーとかそんな感じやったような

48: 2012/11/12(月) 23:07:46.71 ID:59PlA++L
渤海って日本と交流あったのに全く全容が分からないんよな

50: 2012/11/12(月) 23:07:47.87 ID:hEhDNg8o
確かに少数民族の研究とかは興味をそそられる

53: 2012/11/12(月) 23:08:13.68 ID:Du7i5Rt8
中華王朝はなんでインドには突撃しんかったの
チベット高原はそんなきついのか

61: 2012/11/12(月) 23:09:24.50 ID:59PlA++L
>>53
いやヒマラヤ超えは無理やろ

62: 2012/11/12(月) 23:09:28.60 ID:EeY3Twus
>>53
仏教典取りにいくのさえ一大事やで

72: 2012/11/12(月) 23:11:14.13 ID:ZKcsA7Jw
>>53
ヒマラヤ越えて行くとか現実的じゃないだろ。
まあ、インドは華夷秩序の外にあるな…

85: 2012/11/12(月) 23:13:00.24 ID:qK6cmNp+
>>72
ヒマラヤすごいな
あんな亜大陸が秩序外になるなんて

そういえばインドってアーリア族がどうのこうの言ってるけど支配階級は白人だったのか?

95: 2012/11/12(月) 23:14:43.36 ID:P6jq00Iv
>>85
まあ、相当程度の混血はあるだろうけど、一応印欧語族系のコーカソイドのはずやで

83: 2012/11/12(月) 23:12:45.46 ID:GdIsXSkm
>>53
仮にインドまで行ってある程度、占領できたとしても維持できるとは思えんなぁ
インドも中華に負けんくらい名将良将いるし、占領するのがそもそも難しいと思うで

99: 2012/11/12(月) 23:15:18.06 ID:ftUCm3ix
>>83
ベトナムや朝鮮でさえまともに支配できたことないんやから無理無理無理のカタツムリよ

86: 2012/11/12(月) 23:13:02.08 ID:P6jq00Iv
>>53
実際インドに外部から侵入するルートってカイバル峠越えるくらいしか当時やったらないんちゃうのかな?

96: 2012/11/12(月) 23:14:59.50 ID:OUGsfImj
>>53
よくよく考えたら中国って土地自体でも800万km^2はあるし
いくいみないよね・・・
せいぜいベトナムとか南地方を属国化するくらいで

54: 2012/11/12(月) 23:08:36.72 ID:ot52D5eu
突厥(意味深)

55: 2012/11/12(月) 23:08:39.27 ID:KW7lrn0L
ここまで安息なし

71: 2012/11/12(月) 23:10:49.92 ID:nMFxnsap
>>55
周辺というには遠いからなあ

81: 2012/11/12(月) 23:12:39.13 ID:ZKcsA7Jw
>>55
ほぼイランじゃん…

90: 2012/11/12(月) 23:13:27.18 ID:oanJWhJE
>>55
パルティアはむしろローマとの関わりの方が……

56: 2012/11/12(月) 23:08:41.66 ID:mOMLNFkL
自分のションベンなのか人のションベンなのか

58: 2012/11/12(月) 23:08:46.04 ID:MZIYw8fu
NHKドキュメンタリーで見た「楼蘭の美女」は凄かった(コナミカン)

64: 2012/11/12(月) 23:09:58.49 ID:3IvHN9Nd
中国人「お前らなんて言うねん」
日本人「我(ワ)?」
中国人「ワ?じゃあ倭って呼ぶわ」

ホンマかいな

88: 2012/11/12(月) 23:13:10.90 ID:OUGsfImj
>>64
(゜ヮ゜)

66: 2012/11/12(月) 23:10:15.46 ID:WlHUjR4q
インド進出は無理だったんやろ
東西対決のロマンはタラス河畔でやってるから満足やで

73: 2012/11/12(月) 23:11:48.90 ID:6h7tkTEc
>>66
永楽帝とティームール(震え声)

89: 2012/11/12(月) 23:13:17.07 ID:x8VPMLi1
>>73
ティムールとか最強指揮官の一人だから勝てるわけあらへん
光武帝かカエサル呼んで来いレベル

67: 2012/11/12(月) 23:10:29.32 ID:8mVPjY18
楚を蛮族扱いしてたら鼎について質問されたンゴwwwwww

79: 2012/11/12(月) 23:12:22.42 ID:nMFxnsap
>>67
蛮族扱いしてた秦に滅ぼされたンゴwwwwwww

68: 2012/11/12(月) 23:10:31.26 ID:59PlA++L
って海路陸路あるんやな
やってもうたわ すまんな

69: 2012/11/12(月) 23:10:44.34 ID:P6jq00Iv
フン=匈奴説とアヴァール=柔然説の信憑性ってどのくらいなんや?

70: 2012/11/12(月) 23:10:45.05 ID:bRNttFTT
顔洗う奴は韓国陸軍で今でもやってますわ

75: 2012/11/12(月) 23:12:12.11 ID:EeL8CnoT
その前にベトナムといった東南アジアが先でしょ

76: 2012/11/12(月) 23:12:14.60 ID:A7BdIBVg
大理とか雲詔もいいねえ

77: 2012/11/12(月) 23:12:16.46 ID:jqawYNeG
安息というと甘英が命令されてローマへ行こうとしたけど引き返したところだったか
パルティア?

82: 2012/11/12(月) 23:12:43.05 ID:KKLVbZiy
>>77
せやで

87: 2012/11/12(月) 23:13:10.34 ID:WlHUjR4q
>>77
ローマとアルメニア巡ってプロレスしてたからね、しょうがないね

93: 2012/11/12(月) 23:14:19.48 ID:6h7tkTEc
>>77
甘英は条支国やなかった?

84: 2012/11/12(月) 23:12:47.14 ID:8Y5Unu+U
清朝が中国では皇帝としてふるまい
モンゴルとはハンと接し
チベットとは敬虔なチベット仏教徒として接した
みたいな多様性はなんかおもろい
中華王朝だからワイがナンバーワンって漢文の文章には書いてあるのに
満州語でロシアのエカテリーナと対等の文書交わしてるしww

91: 2012/11/12(月) 23:13:28.86 ID:ML5WuaUD
周辺国というか漢人に取り込まれた巴人

97: 2012/11/12(月) 23:15:09.64 ID:8Y5Unu+U
クラッスス「パルティア遠征の時間だあああああ」
カエサル「パルティア遠征の時間だあああああ」
アントニウス「パルティア遠征のじかんだあああああああ」

なんでどいつもこいつも失敗したり出発前に死ぬんですかね…