1: 2021/01/23(土) 11:44:20.05 0
カエサルはどう考えても過大評価だと思う。
西欧人ならまだしも、日本人までカエサルを過大評価するのは
未だにヨーロッパ中心史観から抜け出せていない証拠である。
カエサルよりも趙匡胤とフビライの方が能力や人間的スケールが大きい。

引用元: ・フビライ>>>カエサルだろ、普通

2: 2021/01/23(土) 11:54:17.03 0
カエサルのおもしろい所は
色んな能力を複合的に持ち合わせている点。

物書きで借金を作る天才で女を
だきまくれて史上一位と言うわけでは
ないが政治と軍事をこなせる点。

政治と軍事面を見るとカエサルより
光武帝やチンギスカンの方が有能だろうが
カエサルって結構、色んな能力を
持っているんだよね。

俺はカエサルは多面的な能力を持つから
高く評価してもいいと思うけど。

3: 2021/01/23(土) 12:02:01.61 0
「中華帝国の創始者は始皇帝」というのは錯覚にすぎない

本当の創始者は、フビライ・ハーン

5: 2021/01/24(日) 13:22:17.36 0
趙匡胤はもっと評価されてもいい人物。
劉邦や朱元璋のような強烈キャラではないが、偉大な名君だ。
これは宋自体が評価低いからだろうね。

6: 2021/01/25(月) 09:38:44.44 0
光武帝も評価されていい
サラディンもしかり
寛容者こそ評価されるべき
虐殺魔はいらん

7: 2021/01/25(月) 10:12:16.17 0
フビライ=元寇=敵じゃねーか!

9: 2021/01/25(月) 12:38:43.68 0
>>7
あれは、「モンゴルの軍事力を利用して、目の上のコブの倭国を叩く好機ニダ」と考えた、悪い人たちにそそのかされた結果だから

8: 2021/01/25(月) 11:22:02.91 0
原爆落とした国と6年後に同盟国になったりしてるから、
問題無し

10: 2021/01/26(火) 11:54:51.25 0
大元ウルスは大陸国家であると同時に海洋国家でもあった。
海のシルクロードっていうやつだが、あの時代にそれを具体化させたのは凄い。
カエサルにはないスケールの大きさを感じる。

11: 2021/01/26(火) 12:11:35.45 0
>>10
カエサルと比べる意味がわからんのだが

12: 2021/01/26(火) 12:13:47.85 0
もともと、唐の後期あたりから陸のシルクロードは衰退して、東西貿易は海洋ルートが主流になっていた

モンゴル帝国期には、北京からモンゴル高原に入り、中央アジアまで馬で駆け抜けるハイウェイルートが開かれた

13: 2021/01/26(火) 22:24:29.63 0
フビライは戦争を泥沼化させたという意味ではアレク大王やナポレオン、ヒトラーに似てる
戦争を始めても短期間で勝って終わらせてみせたカエサルとは確かに真逆

16: 2021/01/27(水) 13:58:26.72 0
>>13
後世への影響では その3人よりフビライの方が大きい。もちろんカエサルよりもね。
祖父の成吉思汗も偉大だったが、破壊と収奪がメインで、建設では孫には遠く及ばない。
フビライが行った行った諸政策は開明的でアレキサンダーやカエサルと比しても遜色がない。

14: 2021/01/27(水) 01:02:44.25 0
戦争を起こすのは簡単だが上手く終わらせるのは難しい

15: 2021/01/27(水) 13:07:38.87 0
光武帝、カエサル、サラディン、ちょうきょういん
人徳、魅力を兼ね備えた聖王たち

17: 2021/01/27(水) 14:34:01.88 0
ユリウス暦のインパクト舐めてないか

20: 2021/01/27(水) 15:11:09.83 0
>>17
インパクトはないが正確性では
授時暦>>>ユリウス暦二ダ。

18: 2021/01/27(水) 14:35:14.58 0
中国特有の事情として、「中国4千年」とか「中華帝国2千年」とか、歴史の一貫性にこだわる傾向がある

それがあるから秦の始皇帝が開祖として特別視されるんだが、普通に見れば今の中国はフビライ・ハーンから始まっている

前からよく使う例えだが、中国史における大元のインパクトは、日本に例えれば
「北海道から北方民族が攻めてきて京都の朝廷を滅ぼして天皇家を断絶し、青森に首都を作って別の帝国を始めた。
その後、現代に至るまで青森が首都で、京都はすっかり荒廃して廃墟になってしまった」
というのに相当する

北京と長安の位置関係は、ちょうど青森と京都くらいだ

19: 2021/01/27(水) 14:38:42.45 0
いや、大元が始まる頃には、長安などとっくに廃墟

21: 2021/01/27(水) 21:08:55.10 0
フビライの影響力は1000年
カエサルの影響力は2000年

22: 2021/01/27(水) 21:47:02.95 0
フビライは影響力1000年経ってない
だいたい700年ぐらい
紀元前の人間と同じ土俵には立てない

23: 2021/01/27(水) 22:25:18.16 0
カエサルの影響ってユリウス手暦の他になにがあるの?
そもそもローマが地中海世界の覇権国になったのはカエサルが生まれる前。
2000年って、コンスタン地ヌスやビザンツ皇帝の功績を食っていないか?
まあフビライもチンギスやヌルハチの業績を食ってる部分はあるけどな。

24: 2021/01/27(水) 23:09:52.62 0
殴り合いならフビライの勝ち

25: 2021/01/27(水) 23:15:02.29 0
そりゃ蛮族には勝てんわ

26: 2021/01/27(水) 23:18:46.35 0
コンスタンティヌスはローマ捨てて東へ逃げたローマ人の面汚し

29: 2021/01/28(木) 17:52:42.45 0
>>26
北魏の孝文帝が、大同を捨てて洛陽に遷都したようなもんだろ

27: 2021/01/28(木) 15:06:51.68 0
カエサルは多芸多才で人間的な魅力に富んだ逸材ではあるが、歴史的な功績ではコンスタンティヌスの方を多としたい。
それなのにカエサルの評価が高いのはコンスタンティヌスは晩年に処刑や殺人に走って暴君化したためであろう。しかしそれでは人気投票だ。
 コンスタンティヌスの評価は現代においても歴史家によって様残だが日本では無名に近いのは残念だ。  

28: 2021/01/28(木) 17:14:20.59 0
キリスト教史観ならコンスタンティヌスのほうが上なんじゃね?
テオドシウスと並んで大帝とか呼ばれてるし
トラヤヌスとかハドリアヌスとかアウレリアヌス差し置いて

30: 2021/01/28(木) 18:04:06.66 0
ローマ人名乗ってるのにイタリア本土捨ててるのがダメ
せめて一時的に離れるだけなら許された

33: 2021/01/28(木) 20:31:50.89 0
>>30
コンスタンティヌスの時代はイタリアはもう本土ではない
アントニヌス勅令以来「ローマ人」を意味するのは帝国全土の自由人になった
彼の時代のローマ人一般にとっての本土とは帝国全土のこと
だからイタリア本土を捨てた、という考えがそもそも成り立たない
この時期イタリアを本土と考えていたのは主にイタリア在住者くらいだろう

31: 2021/01/28(木) 19:33:16.76 0
別に君の許しなど要らない

32: 2021/01/28(木) 19:48:18.69 0
モンゴルを捨てて大都に遷都した人はちゃんと名前も中華っぽくしたからOK?

34: 2021/01/28(木) 21:20:30.33 0
明治天皇が京都を捨てたから その後の日本の発展がある。

35: 2021/01/28(木) 21:22:46.88 0
日本人が日本本土見捨てるようなもの

37: 2021/01/28(木) 21:37:19.72 0
>>35
京都を捨てて江戸或いは東京に移ったからもう日本じゃない、ということに近い

38: 2021/01/28(木) 21:39:29.03 0
>>35
イタリア半島一国の時代から数百年たった多民族・多宗教の大帝国の時代に
「ローマ」や「イタリア半島」に当時の人間がどれほどの民族的アイデンティがあったのかね?
日本だって、明治天皇の他に神武天皇や桓武天皇が「本土」を断捨離している。
コンスタンティノーブル遷都はピョートルのペテルブルク遷都や永楽帝の北京遷都と感覚的にはそう変わらん。
世界帝国とはそんなもん。

42: 2021/01/28(木) 21:58:25.12 0
>>38,>>41
イタリア半島の本土意識はアウグスゥトスがウェルギリウスにアエネイアスを書かせて政策的に作らせた、とされている
実際アエネイアスは急速にローマ人の間に広まり民族叙事詩の地位を確立した
リヴィウスもアウグスゥトスの政策の一環だと考えられている

しかし5世紀頃にはウェルギリウスが読まれなくなった形跡があり、この頃には本土意識はかなり薄まっていた
可能性がある
だからこそダンテ達によるウェルギリウスの復興はルネサンス期のイタリアにとって重要な指標だったと考えられる

43: 2021/01/28(木) 22:15:49.62 0
中世・近世の「イタリア人」、1世紀の「ローマ人」、4世紀の「ローマ人」、
これらをゴチャゴチャにして、アイデンティ論をやってる人がいるね。
属州出身の皇帝が輩出している時代の「ローマ人」って、ローマに住んでいる人ではなくて
ローマ帝国の「市民」階級ってことだろ。アイデンティが「ローマ市」から離れている時代だから遷都が出来たわけで
>>35はいつの時代の どういう意識を指しているのかわけわかめ。

36: 2021/01/28(木) 21:30:20.60 0
アウレリアヌスやディオクレティアヌスだって条件同じだけどイタリアを本土として大切にしたんやで

39: 2021/01/28(木) 21:41:26.00 0
>>36
条件は少しづつ変わっていった
アウレリアヌスの頃はまだローマは首都扱いだがディオクレティアヌスとなると
イタリアを属州化してしまった。ただし属州といってもまだ若干本土らしい優越性があった
これがコンスタンティヌス朝になるとどんどん一般属州化し、西方宮廷はローマに置かれなくなった
段階を踏んでいるが5世紀には本土意識はほぼなくなった

40: 2021/01/28(木) 21:43:23.40 0
アイデンティティがあったからこそイタリアやローマが本土であり続けたとも考えられる
帝政後期の途中までは…だけど

41: 2021/01/28(木) 21:45:14.16 0
4世紀末はローマ市周辺の人だけが古来からのローマアイデンティティを保持していて
それ以外の一般属州民のローマ人意識とは大幅に乖離があったようだね
このあたりは南川先生が書いているが、ローマ周辺以外のイタリア半島の一般人の
認識はどうだったかまでは書いてない感じなので、半島の人の気持ちを知りたいところ

44: 2021/01/30(土) 00:28:38.81 0
モンゴル帝国の祖ではないけど元朝の祖ではあるフビライ
ローマ帝国の祖ではないけど東ローマの祖ではあるコンスタンティヌス
似てるっちゃ似てる

45: 2021/01/30(土) 10:11:36.59 0
偉大さランキング

AAA   チンギス・ハン
AA    フビライ   コンスタンティヌス
A     始皇帝   アレキサンドロス   趙匡胤
B     カエサル   ナポレオン   曹操
C     東條英機   トランプ

46: 2021/01/30(土) 11:15:34.98 0
フビライは日本にボロ負けした時点で話にならない

47: 2021/01/30(土) 11:40:59.52 0
三回目の日本遠征も計画してたらしい
いろいろゴタゴタが重なってご破算になったが

48: 2021/01/30(土) 12:23:09.51 0
フビライは台風に負けたのであって日本軍に負けたわけではない。
「鎌倉武士最強!」とか恥ずかしいw

49: 2021/01/30(土) 12:47:21.69 0
高麗の造船技術が敗因だった

50: 2021/01/30(土) 12:49:37.09 0
「鮮人と手を組んだ方が負ける」

これ鉄則