1: 2021/03/05(金) 21:26:12.31 0
世界の中心にして世界の縮図、人種のるつぼ、世界の普遍的な価値を創造し拡散させていくと言われているアメリカでエスペラント語が普及しなかったのはおかしい。どうしてイギリス語が中心なのか?法的には公用語ではないが事実上公用語に準ずる。
せめてアメリカ独自の言語を創造すべきだったのではないか?

引用元: ・アメリカでエスペラント語が公用語でない理由

2: 2021/03/05(金) 21:35:07.14 0
フィクションだけど、1984のニュースピークがある。
wikiによると「作中の全体主義体制国家が実在の英語をもとにつくった新しい英語である。
その目的は、国民の語彙や思考を制限し、党のイデオロギーに反する思想を考えられない
ようにして、支配を盤石なものにすることである。」

とてもじゃないが、自称自由の国アメリカに相応しくない。

3: 2021/03/05(金) 21:37:59.97 0
アメリカの世界支配は失敗するように行われていたからやで

まぁそもそもエスペラント語自体がインド・ヨーロッパ語族至上主義に準じた人工言語だから
エスペラント語を用いても公平性が担保されないからどっちにしろ失敗する

4: 2021/03/05(金) 22:08:45.24 0
文化破壊大好きで前王朝の文化を全て破壊する中国でさえ北京語を公用語としており、しかも完全に普及、浸透しているとも言い難い。漢民族全体を束ねる北京語でも上海語でもない新中国語、新漢民族語を作らなかった。

11: 2021/03/06(土) 19:15:28.48 0
>>4
老国音……

15: 2021/03/09(火) 01:04:42.34 0
>>11
中国を チョンクオッ って入声もどきをちょっと入れたりした北京語?

5: 2021/03/05(金) 22:44:49.65 0
人が人を支配している限り、完全に公正公平な統治は不可能であるというのが、人類史の結論

6: 2021/03/06(土) 13:52:46.12 0
でもイギリスを否定したならせめて英語は捨てろよと。WASPに都合良い言語でも構わないからオリジナルの言語作るべきだったんじゃないかな?

アメリカ英語では完全なオリジナルとは言えない。

だってイギリス英語とで会話が成立するのだから。

7: 2021/03/06(土) 14:14:43.94 0
英語との後方互換性を捨てると言うのは、例えばコンピュータの歴史から考えても大英断になる。
過去の資産を使えない、過去のエコシステムを使えない、歴史的にも断絶してしまう、などなど。
もし、ソ連を筆頭とする共産主義と戦う宿命にあった当時のアメリカが、そんな非合理的な大決断をしたら
マジで自滅物の大失策だと思うよ。革命が起きても不思議ではないくらいのね。

8: 2021/03/06(土) 15:11:01.42 0
エスペラントは、語彙不足、舌っ足らず、古めかしいイタリア語もどき

9: 2021/03/06(土) 15:16:20.26 0
サルートン

10: 2021/03/06(土) 16:01:42.66 0
少しでも歴史を知っていれば、言語の規制や推奨の不可能さがわかるはずなんですけどね。

13: 2021/03/08(月) 06:55:46.00 0
岩波新書にはエスペラントについて2册出ている。

「エスペラントの父 ザメンホフ」伊藤三郎 1950.4 (青)
「エスペラント -異端の言語」田中克彦  2007.6 (新赤)

奇妙なのは、言語についての本が創始者の伝記より50年以上もあとに出ていること。
逆ではないの?と思う。
青版でその存在を知って言語そのものをもっと知りたいと思ったけど、
岩波には無いので他社の本を買って読んだが結局身につかず。
※その前にエスペラントを使う環境は周囲に皆無だったわけでw

14: 2021/03/08(月) 09:39:19.79 0
ユピピッ

17: 2021/03/09(火) 07:34:11.45 0
訂正
「Americo(アメリーツォ)」だ
アメリーコと発音したかったら「Ameriko」と」書くんだっけ

18: 2021/03/10(水) 06:47:45.68 0
IDOについて知ってる人、居る?

19: 2021/03/11(木) 13:22:14.21 0
エスペラントは無理にしても、移民の増大やるつぼというよりサラダボウル化が進むにつれて、英語も変わっていかざるを得ないかもな
さらなる簡略化や、、有力な移民グループの言語からの借用語が本来の語彙にとって代わるとか
その場合問題なのが群動詞の扱い。一語一語は簡単な基本語彙でも、組み合わせて違う意味になったり
毎年日本の多くの受験生を泣かせている
シンプルイングリッシュまたはベーシックイングリッシュではこれを難しい一語の動詞から代えて多用すべきという意見と、意味があいまい化するから用いるべきじゃないって意見が両方あるみたい

24: 2021/03/18(木) 18:02:58.74 0
>>19
欧州語に多い性品詞、英語にはこれが無いというのが非欧米圏に広まった、
という理由と俺は分析している。
独仏露語などの品詞がなぜそういう性で使用しなければならないのか俺には全く理解の外。

20: 2021/03/14(日) 20:26:26.98 0
ピジン、クレオール などですか

21: 2021/03/18(木) 09:22:55.58 0
アメリカではムスリムやヒスパニックの増加が
著しい。

ヒスパニックはまだスペイン語だから良いが
ムスリムの言語は英語の中でどれだけ借用語になり得るかだが。

23: 2021/03/18(木) 16:13:59.46 0
>>21
forbidden(禁じられた)→haram とか?
音節が少なくて発音しやすかったら外来語が取って代わる隙はあるかも

22: 2021/03/18(木) 10:02:25.95 0
ロス・アンジェルス(ロス・アンへレス)はスペイン語

25: 2021/03/20(土) 06:14:34.01 0
実際にアメリカでは、ムスリムやヒスパニックはお互いの相性は良いのだろうか?

トランプはこの2つを一括にしてたけど。

日本におけるベトナム人とネパール人みたいな関係か?

日本だとベトナム人とネパール人がその国民性の類似性や日本における立場の類似からお互いに仲が良いように思われがちだけど。

26: 2021/03/20(土) 06:16:32.85 0
竹中平蔵は、アメリカでもっともっとムスリムやヒスパニックの富裕層が誕生すればアメリカや世界により活気を与えるとか言ってたみたいだけど。

流石、同和出身者の言いそうなこと。

32: 2021/03/23(火) 07:21:15.48 0
宮沢賢治は童話作家であるより先に教師、農業改善指導者

36: 2021/03/30(火) 09:46:50.69 0
海外からもその流暢さでcignoと称された
岡尚大という日本最高エスペラント話者を失った事は痛い

38: 2021/03/31(水) 22:23:40.51 0
>>36 「アウト×デラックス」や「激レアさんを連れてきた」で見てみたいw
「人工言語のほうが日本語より話しやすくなってしまった人」
ところでエスぺランティストってエスペラントネームを姓名で持ってたりするものなのかな
例えば岡尚大なら「ツィグノ・モンテト(エスペラントで岡のことらしい)」とか

37: 2021/03/31(水) 01:42:07.98 0
ツィグノ?

39: 2021/04/01(木) 17:57:17.59 0
姓名、名姓 どっち?

40: 2021/04/03(土) 01:02:07.73 0
世界語と言うにはあまりにロマンス語要素が強すぎるから、名前も当然名姓だろう
モンテート家 発祥 日本国神奈川県相模原市南区
父 フェック(エスペラント語で「糞」)
母 ピーシ(エスペラント語で「小便」)
長男 ツィグノ・ナポレオン・スターリン・ゼードン(沢東)・イルスン(日成)・マルクス・レーニン(以下抗日や社会主義の人物が続く)
次男 スプ―ト(エスペラント語で「痰」)
なお家族のエスペラント名はツィグノ・ナポレオン(以下略)が命名

41: 2021/04/28(水) 13:52:18.58 0
エスペラントブームの時代って、
よく似た言語のスペイン語が没落していた時代
(イタリア語にもにてるケド)

スペイン語を母語とする移民の増加により
スペイン語の復権とともに、エスペラントが衰退した感じ。

42: 2021/04/28(水) 23:12:47.86 0
なぜエスペラントってラテン・ゲルマン・スラブの要素でほぼ説明のつく言語になってしまったんだろう
特にラテンが多いけど
世界共通語なら文法や語彙にもっと他の語族の要素・せめて違う語派(インド・イラン・アルメニアなど)の要素を入れればいいのに
しかも創始者ザメンホフその人が提案した改善案をエスペラント学会が撥ねつけて、それ以後改善すべき点もほとんど手付かずのままって
人工語なんだからもっと柔軟に、変えるべき点は変えて変化するべきじゃないのかな

44: 2022/02/10(木) 21:25:02.02 0
>>42
一介のポーランドの街角の目医者さんだったザメンホフに、
あいにくプロ級の言語学者の知識は無かったのよ。
彼の知っていた主要言語がラテン語、ポーランド語、ドイツ語、イデュッシュ語だった結果、
エスペラントにその要素が色濃くなったんじゃないかと。

43: 2021/04/29(木) 02:59:12.83 0
ヨーロッパのエリートが考案したらそりゃ当然ヨーロッパのエリート言語であるラテン語がベースになるよ。
別系統の言語の要素を入れれば木に竹を接いだようなものになりかねない。

49: 2022/02/12(土) 17:30:14.35 0
>>43 構成要素が偏るのは仕方ないとしても、変化や改善を拒否する言語ってなんだかなあ
しかも生みの親の提案すら拒絶
不合理な点もあえて放置して、自然言語に近づける仕上げ?

45: 2022/02/11(金) 01:16:56.68 0
アメリカではもう無理だろうけど、東欧などで少子高齢化で無人地帯になっていく場所にエスぺランティストが入植して、「サル―トニア」でも「エスぺランティア」でも名乗って、おいおい自治権拡大を主張していけばいいんじゃないか
(日本からは5ちゃんのアイドル岡きゅんが参加)
無税・同性婚/大麻/全ての賭け事合法化くらいやってさらなる入植者を募る
国歌「クレスカス ヘーボ(生うるは草」作詞 岡きゅん

46: 2022/02/11(金) 14:19:26.40 0
エスペラントを普及させたいと思うなら
まずNHKに語学講座番組の開設を求むべし

50: 2022/02/12(土) 18:03:01.35 0
修正を拒んで固定化させたのは、もしかしたら
イドとかの亜流が乱立してきりがなくなってきたから?