1: 2021/06/13(日) 17:07:32.70 0
コンテンツの材料となるのはいつも海賊
山賊は圧倒的に人気ない
山賊が建国した国もあるのに

引用元: ・山賊はなぜ海賊より人気ないの?

2: 2021/06/13(日) 17:18:15.44 0
梁山泊

4: 2021/06/13(日) 22:17:40.70 0
匪賊、流賊、馬賊などもいるよな

5: 2021/06/14(月) 00:12:28.95 0
海賊にはロマンがある、行動範囲が広いから
山賊にはロマンが無い、行動範囲が狭いから
でも、壊血病や嵐とかで海賊は死んじゃうけど
山賊にはそういうのはまず少ない

6: 2021/06/14(月) 00:55:59.08 0
海賊は冒険心をそそられるけど山賊はネガティブなイメージで語られやすいよね

7: 2021/06/14(月) 03:13:16.73 0
戦前戦中の少年のロマンは馬賊だったものだが
no title

8: 2021/06/14(月) 06:59:07.96 0
海賊など人間の屑であって
死刑にした後に港の入り口に10年でもぶら下げて
見せしめにするのが適当であって
海賊王に俺はなるなどとほざく人間の末路は
そんなもんであって

9: 2021/06/14(月) 10:32:28.92 0
戦前の日本では「馬賊の歌」が流行ったわけだが

俺も行くから君も行け
狭い日本にゃ住みあいた
海の彼方にゃ支那がある
支那にゃ四億の民が待つ

11: 2021/06/14(月) 22:13:26.00 0
バルカン半島には昔から山賊が多い
ギリシア独立戦争にも山賊が参加していた

12: 2021/06/15(火) 01:50:32.10 0
中国の馬賊だが自分達を雇った村に対しては用心棒(荒野の七人でのガンマンに
相当)として守る立場だが,よその村に対してはそれこそ山賊(荒野の七人での
カルヴェラ一味に相当)として略奪を繰り返してきたか。
土地なんかの利権をめぐって村同士が対立すると双方が雇った馬賊の出番よね

13: 2021/06/15(火) 03:36:53.33 0
古代ローマの街道は中世は山賊がよく出るところになった

14: 2021/06/15(火) 04:04:10.08 0
まーにゃみたいな名前のあったやろ

15: 2021/06/15(火) 06:28:44.60 0
山賊なんかどうでもいい
日本人が知るべきは馬賊だ

高句麗の人食い馬賊は中国人を食べていたが
万里の長城を作られてしまい、半島を通って日本に来た

そして日本人を食っていた
それが天皇だ

埼玉の高麗神社に行けば天皇の素性が判る
平成天皇も参拝に行った神社だ
東京の人は是非行ってみて

16: 2021/06/15(火) 07:34:08.83 0
クレフテスはギリシアではカッコイイイメージなんだろうか?

18: 2021/06/15(火) 13:13:59.60 0
四川軍閥の一翼を占めた范紹増も土匪あがりだった

19: 2021/06/15(火) 14:51:33.24 0
山賊は田舎っぽいから

20: 2021/06/15(火) 18:10:13.39 0
船を動かすと言うのは
高度な技術と優れた科学力と知的な数学が必要でかっこいいから
つまりヴァイキングは南のゲルマン人より優れた文明人だった

21: 2021/06/15(火) 19:27:42.64 0
イギリスは海賊国家

22: 2021/06/15(火) 19:49:21.55 0
李自成は流賊の頭目だったけど、満州族さえいなければ
中国の皇帝になれたかもしれないな
一度は北京の宮城に乗り込んだわけだし

23: 2021/06/15(火) 20:13:00.85 0
Wikipediaに「海賊」の項目はある
「山賊」で検索すると「追い剥ぎ」の項目に飛ばされる

24: 2021/06/15(火) 20:59:53.21 0
海賊は海軍の手習い

25: 2021/06/15(火) 22:10:35.55 0
ロビン・フッドは「義賊」と呼ばれている

26: 2021/06/16(水) 06:07:09.95 0
中国では、匪賊の襲撃を撃退すると、メンツを潰された匪賊が、
さらに仲間を糾合し、再度襲来してくる
その場合、一家皆殺しや、一族皆殺しなどということも起きうる

27: 2021/06/16(水) 08:48:23.23 0
ただの野盗になっちゃうしな
痛快さもロマンもなくただの賊ですし

28: 2021/06/16(水) 10:38:59.97 0
南イタリアでは1861年以降、「山賊大反乱」が起きた
代表的な山賊がカルミネ・クロッコ

29: 2021/06/16(水) 22:56:33.86 0
明末に、陝西・河南・湖北・四川の各省の盗賊集団が
河南省の洛陽付近で大集会を催した
ここに集まった面々は、改正王・横天王・過天星・九条竜などという
綽名をもった13人の大頭目をはじめとし、その部下の72団隊の盗賊
10余万人であって、相ともに明の政府に対する作戦を練ったという
中国内地のど真ん中で、このような奇怪な集会が堂々と行われていた

31: 2021/06/17(木) 14:26:16.03 0
山に住み着いてるのが動物っぽくてかっこよくないからだろ

まあ人間ただの動物なんだけど

32: 2021/06/17(木) 17:13:07.23 0
海賊は海軍に進化していったというイメージ
ロイヤル・ネイヴィーの影響だろうけど

33: 2021/06/17(木) 17:16:21.97 0
山賊⇒武将⇒将軍というルートもあるかも
徳川家、すなわち元松平家も室町時代以前の確かな系図がない
自称はあるけど

34: 2021/06/17(木) 18:59:39.92 0
漢の劉邦はヤクザあがりの盗賊、明の朱元璋は乞食坊主あがりの盗賊

35: 2021/06/17(木) 18:59:59.03 0
秀吉も野武士≒山賊(蜂須賀小六)の手下だった時期があるわけだから

山賊→太閤

というルートもありえる(強弁)

38: 2021/06/17(木) 19:49:17.69 0
>>35
そんな
山賊側だって生きていくために必死だったのではないか?ってインタビューで質問した女性記者にキレて退席させ全員の死ぬ描写を描き
侍側の犠牲者4人は全員敬意を表すために銃で撃たれて死ぬ描写を選んだ「7人の侍」の設定を根底からくつがえすような事を…

36: 2021/06/17(木) 19:16:25.51 0
ハプスブルクはスイスの同盟を山賊集団と呼んだ

37: 2021/06/17(木) 19:17:14.80 0
中世の琵琶湖や霞ケ浦には、“湖賊”と呼ばれる連中がいた

39: 2021/06/17(木) 20:53:21.59 0
>>37
海賊とよばれた店主もいたのだろうか

40: 2021/06/17(木) 21:35:42.89 0
湖賊じゃ自由がきかなさそうだが
山賊以上に

42: 2021/06/17(木) 23:11:06.50 0
>>40 湖族
なんか民族みたい

43: 2021/06/17(木) 23:20:28.62 O
海軍=スマートでエリートなイメージ
陸軍=泥にまみれて地面を這いつくばるイメージ
これが海賊、山賊にも適用される

49: 2021/06/18(金) 14:10:33.90 0
>>43 これからの時代は空賊?宇宙ステーションを根城に宇宙空間で略奪を繰り返す
あるいは電賊・情賊(ハッカー)か。こっちは既にいるな。今は財産を奪うだけだけど、そのうちネット経由で直接狙った人命を奪うこともできるようになったりして...
ペースメーカーの誤作動をさせるとか、特定の人物の人工呼吸器を止めるとか

45: 2021/06/18(金) 03:57:14.14 0
山賊ってのは古代や中世に多い訳で古いんだよね
人気がない訳じゃなく山賊という言い方をしない
徳川家も山賊で戦国時代に源氏の家系図を源氏を自称した怪しげな人物から買い取って源氏の一族と騙り出してる
ローマ共和国の創設者のロムルスも山賊
フランス王家も山賊
イギリス王家も山賊兼海賊だったし

海賊が人気あるのは近代のグローバリズムの走りで記録が正式にちゃんと残っているからに過ぎないよ
近代以降は政治体制がしっかりしているから山賊は最早犯罪者に過ぎず国を起こしたり国を乗っ取るような勢力にはなり得ない

対して近代の海賊行為は国外の植民地政策として行われた公的な軍事作戦で大なり小なり組織的な支援が行われている

46: 2021/06/18(金) 04:01:37.09 0
近代の海賊は被害者側の視点で海賊・犯罪行為であっても、加害者側は国の援助や免除を受けた軍事行動で軍人だったりそれに準じた組織が殆ど

47: 2021/06/18(金) 05:12:24.01 0
とソマリア海賊が申しております

48: 2021/06/18(金) 05:59:56.14 0
『水滸伝』は、宋江を大頭目とする108人の盗賊の首領が、
山塞にたてこもって政府軍に対抗し、悪い官吏どもを退治する一方、
圧迫を蒙っている無力で正直な人民を救ってやるという筋の長編大河小説

50: 2021/06/18(金) 19:07:03.55 0
琵琶湖の湖賊の暮らしの糧は、水先案内人・運送・漁業権・造船などだった
たとえば水先案内では、米100俵につき1俵を取り、断ると襲った